最強の売上増大戦術、「値上げ」を最強のSaaS企業Salesforce(セールスフォース)に学ぶ

saaslife_最強の売上増大戦術!「値上げ」を最強のSaaS企業、Salesforceに学ぶ 海外SaaS
saaslife_最強の売上増大戦術!「値上げ」を最強のSaaS企業、Salesforceに学ぶ

英語版Wikipediaによれば、Salesforce(以下セールスフォース)ができたのは1999年のことだ。2019年現在からすれば、20年前のことであり「まだ20年しか経っていないのか」と「もう20年も経っているのか」という驚きを感じる。

20年前のセールスフォースウェブサイト(Internet Archive: Wayback Machineより)

Wayback archiveで取得したセールスフォースのスクショが上だ。書いてあることをざっくりまとめると、以下の通りである。

  • IBMとの提携が始まった
  • 最初の5ユーザーは3ヶ月の間無料
  • 以降は月50ドル、新規ユーザー追加でも50ドル

とのことだ。macrotrends.netによれば、2000年時点ですでに1ドル約100円だったので、当時は月5,000円で1ライセンスを使うことができたようだ。では、今はどうなっているのだろう?

2019年3月14日時点のセールスフォースウェブサイトによれば、金額は25ドル、75ドル、150ドル、300ドルとなっていて、20年前の金額とはなんと3倍の違いがあったりする。プランの価格差は、機能制限の有無によって変わるようだ。最初はシンプルな単一価格から、徐々に高単価なクライアントと、低単価なクライアントという形に差をつけているところが面白いし、一度市場に浸透して市民権を得た後は、強気な価格付けでも対応していけるものなのだな、と感じた。

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!


W3Schools
タイトルとURLをコピーしました