27の提供機能を持つ グループウェア、desknet’s NEOのクラウド・パッケージ事業で日本企業と社会のコミュニケーションを変える!ネオジャパンのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_27の提供機能を持つ グループウェア、desknet’s NEOのクラウド・パッケージ事業で日本企業と社会のコミュニケーションを変える!ネオジャパンのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_27の提供機能を持つ グループウェア、desknet’s NEOのクラウド・パッケージ事業で日本企業と社会のコミュニケーションを変える!ネオジャパンのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

ネオジャパンはグループウェアのdesknet’s NEOを中心に提供。

saaslife_参考:参考:ネオジャパンの提供サービス(1/2)
saaslife_参考:参考:ネオジャパンの提供サービス(1/2)

さて、今回取り上げるネオジャパン、一体どのようなサービスを提供しているのでしょうか。2020/9/16時点の同社ホームページによれば、ネオジャパンはグループウェアのdesknet’s NEOを提供しています。BOXILのページによれば、グループウェアは、

複数人での仕事を補助してくれるツールを指し、主にチャットやファイル共有などの機能を持っているものが多い

BOXIL

とのことです。こちらに載せた商品紹介のページの抜粋によれば、なんと27の機能を持っているそうです。これまでに紹介してきたSaaS会社に関してでいうと、

  • プロジェクト管理:オロ
  • 仮払精算:ラクス
  • Web会議(オプション):ブイキューブ 

あたりとも対応していそうですね。まだこちらでは取り上げていないですが、cybozuとも領域としてはかぶっていそうな会社ですね。

月額課金とパッケージソフト販売を組み合わせて販売。

saaslife_参考:ネオジャパンの提供サービス(2/2)

決算説明資料によれば、ネオジャパンはクラウドサービス事業とプロダクト事業を中心に事業を営んでいます。こちら、かなり詳細に単価を公開していただいているので分析がとても捗りそうな予感がしています(次回にて、ARPAや契約件数などのKPIを取り扱いますので、次回をお待ちください。)ネオジャパンの戦略によれば、同社は

  1. まず「技術開発」で革新的な新しい技術を習得し、
  2. 「プロダクト」で新技術を製品化、バージョンアップし、
  3. 「クラウドサービス」で製品のサービスを収益化する

という戦略をとっているようです。概念としてスッと感覚的に掴みやすい、とてもわかりやすい図ですね。これを実現するためには、社員の公正としても、エンジニアの多い組織なのではないか?と考えられます(一方で、ネオジャパンの製品には「エンタープライズ(大企業)」向けのライセンス、があります。一般的に、エンタープライズへの営業は時間がかかる・かつ営業力が販売時に必須になるため、営業の数が増えるはずですが、どのようなバランスになるかは次回のKPI分析が個人的に非常に楽しみです)。

saaslife_参考:ネオジャパンの成長戦略

1992年に創業後、2015年11月に東証マザーズ上場

saaslife_参考:ネオジャパンの沿革

ネオジャパンの沿革によれば、同社は1992年の設立以来、グループウエアをパッケージ販売をまずはじめ、その後1999年からグループウェアをウェブ化したようです。創業から30年近く立っている、ということで、かなり老舗のSaaS企業だということができそうですね。直近ご紹介した事例だと、ラクスやインフォマートもかなり創業から年数が経過しているSaaSですが、その中の一つということができるでしょう。

ネオジャパンの開示KGI(売上高)推移:2020年1月期末で37.4億円。直近YoY成長率は141%に増加

saaslife_ネオジャパンの開示KGI(売上高)推移

では続いてネオジャパンの売上高から見てみましょう。直近5年の売上高の推移を見ると、売上高は2017年1月期末に20億円を突破後、2020年には30億を突破し、37.4億円に至っています。特に成長率が大きな2019年1月期末から2020年1月期末にかけて、売上高の成長率は141%ですが、何があったのでしょうか。

Pro-SPIRE社を連結範囲に含めたこと、プロダクト事業の成長増加がYoY売上高の成長理由。

saaslife_参考資料:ネオジャパンの連結業績ハイライト

決算説明会資料によれば、連結の範囲をPro-SPIREに変更したことに加えて、プロダクト事業(カスタマイズ・役務)の提供により、売上が大幅に増加したことが要因のようです。

直近のクラウドサービス比率は47.2%

saaslife_参考:ネオジャパン売上高のサービス別構成比率の推移

続いて、クラウドサービス(月額課金)の比率について見てみましょう。ネオジャパン自身は単一セグメントではありますが、有価証券報告書の中では細かくサービス別の売上を公開しており、こちらのように複数のサービスによって売上高を構成しています。かなり詳しく記載があり、過去本ブログで紹介してきたSaaSの中でも珍しいな、という印象を受けました。

次回以降、気になるKPI推移について紹介していきます!ネオジャパンはこれまで取り上げてきたSaaS会社の中でも、売上高の間に、プロダクト開発の循環する順番、という特徴的な図が出てきたりと、KPI調査が非常に楽しみになるSaaSでした。こちら、今からサービス単位での分析が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました