Bessemer Venture Partners (BVP)によるSaaSの評価指標、G.R.I.T.

saaslife_Bessemer Venture Partners (BVP)によるSaaSの評価指標、G.R.I.T. 海外SaaSレポート
saaslife_Bessemer Venture Partners (BVP)によるSaaSの評価指標、G.R.I.T.

今年もBessemer Venture Partners (BVP、以下ベッセマー)によるクラウドの発表があった。ベッセマーによれば、G.R.I.Tというフレームワーク(以下、ピリオドを省略してGRITと書く)でSaaSを評価できるという。GRITの構成要素は以下の通りだ。

G: Growth (YoYのARR伸び率。50-200%が標準)

R: annual net Retention(ネットの継続率。80-150%が標準)

I: In the bank(銀行にあるキャッシュが何年分ビジネスを維持できるか。1-3年が標準)

T:Targeted spend(効率。新規ARR/使用金額。0.5-1.5倍が標準)

BVPのスライド

それぞれの指標は、パーセントもしくは倍率で表すことができ、G、R、I、Tそれぞれの数値を足し上げて、

3-4 Good

4-5 Better

>6 Best

BVPのスライド

と評価する。

スライドによれば、Twilio、Service TitanはそれぞれGRITスコアが8.1、8.3で、TwilioはRが(つまり、継続率orアップセル率が)、Service TitanはT(投資対売上)が極めて高いとのことだ。

そもそも急成長中のスタートアップだと、採用計画が意欲的だったり、移転などに伴う大きな出費があるので、Iが資金調達の前後で大きくブレたり、広告の投下時期とARRに繋がる時期を切り分けてTを計算するのは煩雑な気はしなくもない。ただ、GとRは、どの程度で伸びているのかとを評価できるので、ある程度の参考になるのかもなと思った。もちろん、最低限投資対売上がどうなっているかを見ないことには片手落ちではあるけど。

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!


W3Schools
タイトルとURLをコピーしました