Bessemer Venture Partners (BVP)によるSaaSの評価指標、G.R.I.T.

saaslife_Bessemer Venture Partners (BVP)によるSaaSの評価指標、G.R.I.T. 海外SaaSレポート
saaslife_Bessemer Venture Partners (BVP)によるSaaSの評価指標、G.R.I.T.

今年もBessemer Venture Partners (BVP、以下ベッセマー)によるクラウドの発表があった。ベッセマーによれば、G.R.I.Tというフレームワーク(以下、ピリオドを省略してGRITと書く)でSaaSを評価できるという。GRITの構成要素は以下の通りだ。

G: Growth (YoYのARR伸び率。50-200%が標準)

R: annual net Retention(ネットの継続率。80-150%が標準)

I: In the bank(銀行にあるキャッシュが何年分ビジネスを維持できるか。1-3年が標準)

T:Targeted spend(効率。新規ARR/使用金額。0.5-1.5倍が標準)

BVPのスライド

それぞれの指標は、パーセントもしくは倍率で表すことができ、G、R、I、Tそれぞれの数値を足し上げて、

3-4 Good

4-5 Better

>6 Best

BVPのスライド

と評価する。

スライドによれば、Twilio、Service TitanはそれぞれGRITスコアが8.1、8.3で、TwilioはRが(つまり、継続率orアップセル率が)、Service TitanはT(投資対売上)が極めて高いとのことだ。

そもそも急成長中のスタートアップだと、採用計画が意欲的だったり、移転などに伴う大きな出費があるので、Iが資金調達の前後で大きくブレたり、広告の投下時期とARRに繋がる時期を切り分けてTを計算するのは煩雑な気はしなくもない。ただ、GとRは、どの程度で伸びているのかとを評価できるので、ある程度の参考になるのかもなと思った。もちろん、最低限投資対売上がどうなっているかを見ないことには片手落ちではあるけど。

ちなみに2021年以降にIPOしたSaaS関連各社の四半期単位の各社については、本サイトをまとめた書籍を執筆しています。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)当該期間にIPOした新規上場SaaSの分類として、

・ホリゾンタル・バーティカルSaaS

・エンタープライズとSMBSaaS

などの分類とまた、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は以下よりご覧ください。なお、リンクのクリックで個社の過去記事をご覧いただくこともできます。

時期表紙取扱SaaSとそのリンク(上場日付順)
FY2021Q4シンク
フォトシンス
GRCS
サイエンスアーツ
ラストワンマイル
スローガン
ボードルア
フレクト
ネットプロテクションズ
トゥルーデータ
ブロードエンタープライズ
JDSC
ヒュウガプライマリケア
グローバルセキュリティエキスパート
ラバブルマーケティンググループ
サインド
網屋
ザクー
フィナテキストホールディングス
エクサウィザーズ
ハイブリッドテクノロジーズ
エフ・コード
CS-C
ニフティライフスタイル
セキュア
FY2021Q3ラキール
フューチャーリンクネットワーク
モビルス
ユミルリンク
ロボットペイメント
セーフィー
FY2021Q2ビジョナル
ペイロール
プラスアルファ・コンサルティング
サイバートラスト
ファブリカコミュニケーションズ
ネオマーケティング
FY2021Q1ワカル
ウイングアーク1st
ベビーカレンダー
スパイダープラス
エイピアー
出版履歴

タイトルとURLをコピーしました