ビッグデータを活用した黒字SaaSを複数展開!見える化エンジン・カスタマーリングス・タレントパレットを提供するプラスアルファ・コンサルティングの最新四半期KGI/KPI推移を調べてみた

saaslife_ビッグデータを活用した黒字SaaSを複数展開!プラスアルファ・コンサルティングの最新四半期KGI/KPI推移を調べてみた 国内SaaS
saaslife_ビッグデータを活用した黒字SaaSを複数展開!プラスアルファ・コンサルティングの最新四半期KGI/KPI推移を調べてみた

プラスアルファ・コンサルティングのFY22第二四半期末売上高は19.4億円

saaslife_プラスアルファ・コンサルティングの開示KGI(四半期末時点売上高)推移

はじめにプラスアルファ・コンサルティングの最新四半期末(2022年第二四半期末)の売上高を見てみましょう。2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によれば、プラスアルファ・コンサルティングの2022年第二四半期末の売上高は19.4億円であり、

  • 計算の単月売上は6.5億円/月 
  • 直近YonY成長率は +27.3% 
  • 直近QonQ成長率は +7.2%

となっています。

プラスアルファ・コンサルティングのFY22第二四半期末推定ストック売上高比率は85.5%

saaslife_計算KPI:プラスアルファ・コンサルティングの四半期末時点ストック売上高比率推移

続いて、プラスアルファ・コンサルティングの売上高の構成比率について見てみましょう。2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によれば、プラスアルファ・コンサルティングはそのストック売上高推移を公開しておりません。一方でそのリカーリング収入は公開されているため、公開されているリカーリング収入をストック売上高とみなした売上高の全売上高に占める比率をストック売上高比率と仮定して計算を行うと、FY22第二四半期末のストック売上高比率は85.5%です。

推定のFY22第二四半期末MRRは5.5億円

saaslife_推定KPI:プラスアルファ・コンサルティングの四半期末時点MRR推移

続いてプラスアルファ・コンサルティングの最新四半期末(2022年第二四半期末)の推定MRRを見てみましょう。2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によれば、プラスアルファ・コンサルティングはそのARR推移を公開していません。そこで、リカーリング収入x4をARRと仮定し、12で割り算したFY22第二四半期末MRRは5.5億円であり、

  • 計算の新規MRRは+1,100万円/月 
  • 直近YonY成長率は+30.4% 
  • 直近QonQ成長率は+6.4%

となっています。

見える化エンジンのFY22第二四半期末のARPAは28.6万円

saaslife_公開KPI:見える化エンジンの四半期末時点平均顧客単価推移

続いてプラスアルファ・コンサルティングの最新四半期末(2022年第二四半期末)の見える化エンジンの平均顧客単価推移を見てみましょう。2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によればFY22第二四半期末の見える化エンジンの平均顧客単価は28.6万円であり、

  • 直近YonY成長率は+1.1% 
  • 直近QonQ成長率は-1.7%

となっています。

FY22第二四半期末のカスタマーリングスARPAは35.9万円

saaslife_公開KPI:カスタマーリングスの四半期末時点平均顧客単価推移

続いてプラスアルファ・コンサルティングの最新四半期末(2022年第二四半期末)のカスタマーリングスの平均顧客単価推移を見てみましょう。2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によれば、カスタマーリングスのFY22第二四半期末の平均顧客単価は35.9万円であり、

  • 直近YonY成長率は+1.7% 
  • 直近QonQ成長率は-2.2%

となっています。

FY22第二四半期末のタレントパレットARPAは37.8万円

saaslife_公開KPI:タレントパレットの四半期末時点平均顧客単価推移

続いてプラスアルファ・コンサルティングの最新四半期末(2022年第二四半期末)のタレントパレットの平均顧客単価推移を見てみましょう。2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によればタレントパレットのFY22第二四半期末の平均顧客単価は37.8万円であり、

  • 直近YonY成長率は+9.2% 
  • 直近QonQ成長率は+0.5%

となっています。

FY22第二四半期末の見える化エンジン契約企業数は463

saaslife_公開KPI:見える化エンジンの四半期末時点契約社数推移

続いて最新四半期末(2022年第二四半期末)の見える化エンジンの契約社数を見てみましょう。2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によれば、2022年第二四半期末の見える化エンジン契約社数は463社であり、

  • 計算の単月契約社数は+4社/月
  • 直近YonY成長率は+1.1% 
  • 直近QonQ成長率は+2.7% 

となっています。

FY22第二四半期末のカスタマーリングス契約企業数は315

saaslife_公開KPI:カスタマーリングスの四半期末時点契約社数推移

続いて最新四半期末(2022年第二四半期末)のカスタマーリングスの契約社数を見てみましょう。2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によれば、2022年第二四半期末のカスタマーリングス契約社数は315社であり、

  • 計算の単月契約社数は+3社/月
  • 直近YonY成長率は+6.1% 
  • 直近QonQ成長率は+3.3% 

となっています。

FY22第二四半期末のタレントパレット契約企業数は836

saaslife_公開KPI:タレントパレットの四半期末時点契約社数推移

続いて最新四半期末(2022年第二四半期末)の見える化エンジンの契約社数を見てみましょう。2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によれば、2022年第二四半期末のタレントパレット契約社数は836社であり、

  • 計算の単月契約社数は+24社/月
  • 直近YonY成長率は+47.2% 
  • 直近QonQ成長率は+9.3% 

となっています。

以降はこれまでに紹介してきた単価、社数など各種KPIに関連した参考情報を数点ご紹介します。

テキストマイニング分析、マーケティングオートメーション、人材活用プラットフォームを提供

saaslife_参考:テキストマイニング分析、マーケティングオートメーション、人材活用プラットフォームを提供

タレントパレットは複数のサービスを展開しており、以下の通りの特徴があります。

  • 見える化エンジン:見える化プラトットフォーム。テキストマイニングを活用して、企業のアンケート、コールログ、SNSなどの大量の顧客の声をテキストマイニングにより分析可能
  • カスタマーリングス:マーケティング・オートメーションツール。顧客の属性や行動履歴のデータを統合し、その分析結果に基づいた顧客との最適なコミュニケーションを支援
  • タレントパレット:人材活用プラットフォーム。企業の社員のスキル、適正、評価などの人事情報をみえる化し、社員活用に使うことができる

見える化エンジンは活用部門を個別から全社展開が拡大戦略

saaslife_参考:見える化エンジンは活用部門を個別から全社展開が拡大戦略

2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によれば、見える化エンジンは

  • 活用部門を個別から全社展開が拡大戦略

とのことです。1つの部門から複数の部門に広げることでARPAをあげることが拡大の戦略のようですね。

カスタマーリングスは活用業界をECから業界を広げるのが拡大戦略

saaslife_参考:カスタマーリングスは活用業界をECから業界を広げるのが拡大戦略

2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によれば、カスタマーリングスは

  • 活用業界をECから業界を広げるのが拡大戦略

とのことです。業界を広げていくことで、社数を増やしていくことに加えて、コンサルティングによる高付加価値化が戦略のようですね。

タレントパレットは人材情報プラットフォームとしてHR周辺分野へ広げるのが拡大戦略

saaslife_参考:タレントパレットは人材情報プラットフォームとしてHR周辺分野へ広げるのが拡大戦略

2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によれば、タレントパレットは

  • HR周辺分野へのサービス拡大を進めて人材情報プラットフォームとなるのが拡大戦略

とのことです。特定業界というよりも「人事の情報基盤」となることをまずは目指すようですね。

タレントマネジメント市場は従業員100名以上の企業

saaslife_参考:タレントマネジメント市場は従業員100名以上の企業

続いて、タレントパレットの市場であるタレントマネジメント市場に関する図を紹介します。こちらの図によれば、タレントマネジメントの必要となる市場は

  • 100名以上の企業

となっており、いわゆる中小・中堅企業から大手企業までがターゲットとのことです。

中小・中堅企業だと業務分野の広さが評価され、大企業になってくると分析機能の高さが評価される市場となっている点が特徴的ですね。

タレントパレットは人事情報を活用した分析を可能にする点が強み

saaslife_参考:タレントパレットは人事情報を活用した分析を可能にする点が強み

続いて、タレントパレットのポジショニングを表す図を紹介します。こちらの図によれば、タレントパレットは

  • 対応領域が広く、得意分野は管理よりも分析によっている

特徴を持っており、

  • 基幹システムほどの取扱情報の多様さはない
  • 一方で、勤怠・適正・動的データなどの付属情報を統合的に分析・活用ができる

強みがあるとのことです。

FY22第二四半期末の従業員数は203人

saaslife_公開KPI:プラスアルファ・コンサルティングの四半期末時点従業員数推移

最後にプラスアルファ・コンサルティングの従業員数推移を見てみましょう。2022/5/13発表 2022年9月期 第2四半期 決算説明資料によれば、プラスアルファ・コンサルティングのFY22第二四半期末の従業員数は203人であり、

  • 計算の単月従業員数は+4人/月
  • 直近YonY成長率は+13.4% 
  • 直近QonQ成長率は+5.7% 

となっています。

最後にSaaSを理解するための本のご紹介と宣伝

SaaSの本質であるリード生成、商談獲得、商談受注までのプロセスを表す一連の流れを指し、Salesforce、Marketoで勤務した経験を持つ福田氏による名著です。基本的なSaaSオペレーションの諸概念について、簡単な言葉で表現してくれており、SaaSの全体観を掴むのに適しています(なお、SaaS全体のおすすめ本はこちらにまとめています)。

ちなみに2021年以降にIPOしたSaaS関連各社の四半期単位の各社については、本サイトをまとめた書籍を執筆しています。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)当該期間にIPOした新規上場SaaSの分類として、

  • ホリゾンタル・バーティカルSaaS
  • エンタープライズとSMBSaaS

などの分類とまた、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は以下よりご覧ください。なお、リンクのクリックで個社の過去記事をご覧いただくこともできます。

時期表紙取扱SaaSとそのリンク(上場日付順)
FY2022Q1 エッジテクノロジー
カジー
マーキュリーリアルテックイノベーター
ビーウィズ
FY2021Q4シンク
フォトシンス
GRCS
サイエンスアーツ
ラストワンマイル
スローガン
ボードルア
フレクト
ネットプロテクションズ
トゥルーデータ
ブロードエンタープライズ
JDSC
ヒュウガプライマリケア
グローバルセキュリティエキスパート
ラバブルマーケティンググループ
サインド
網屋
ザクー
フィナテキストホールディングス
エクサウィザーズ
ハイブリッドテクノロジーズ
エフ・コード
CS-C
ニフティライフスタイル
セキュア
FY2021Q3ラキール
フューチャーリンクネットワーク
モビルス
ユミルリンク
ロボットペイメント
セーフィー
FY2021Q2ビジョナル
ペイロール
プラスアルファ・コンサルティング
サイバートラスト
ファブリカコミュニケーションズ
ネオマーケティング
FY2021Q1ワカル
ウイングアーク1st
ベビーカレンダー
スパイダープラス
エイピアー
出版履歴

管理人のSaaslifeです。

本サイトにお越しいただきありがとうございます!

SaaSについて、

・SaaSとオンプレミス型の違いは何か

・SMBとエンタープライズ

・ホリゾンタルSaaSとバーティカルSaaS

・MRRとARR、単価と社数の関係

・IPOした各社のプロダクト特徴や沿革

を各社の公開情報(IR)からまとめた電子書籍を四半期に一度発行しています。

SaaSビジネスの全体像を掴むためであれば1冊読んでいただければ十分です。

各社IRを見たら載っている、など辛辣なレビューもいただいてます。

良いレビューも悪いレビューも受け止めて今後も内容の充実に努めていきます。

が、IRを個別に見なくても全体像を把握できるようにする目的でまとめています。

上で紹介した電子書籍はkindle Unlimitedにご登録されていれば全冊無料で読んでいただくことができます。

もしご登録されていなければ、以下よりご登録ください!

タイトルとURLをコピーしました