Eコマースを中心としたペットヘルスケア事業を展開!ペットゴーのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_Eコマースを中心としたペットヘルスケア事業を展開!ペットゴーのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内サブスク
saaslife_Eコマースを中心としたペットヘルスケア事業を展開!ペットゴーのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

ペットゴーはEコマースを中心としたペットヘルスケア事業を展開

saaslife_参考:ペットゴーの事業内容紹介

初めにペットゴーの事業についてご紹介します。2022/4/28発表 事業計画及び成長可能性に関する事項p.7によれば、ペットゴーは、

・Eコマースを中心とした

ペットヘルスケア事業を展開しており、

・自社ECのみならず他社ECに展開するマルチコマース

・定期購入のサブスクコマース

・マルチコマースで蓄えたデータを活用したD2Cブランドの企画開発と販売

を行っています。

2004年11月ペットゴー(株)を設立。翌年の2月にペット用品の通信販売を行うウェブサイトペットゴーによるサービスを開始。2013年4月 定期購入サービスをリリースし、2022年4月東証グロースへ上場。

saaslife_参考:ペットゴーの沿革

続いて2022/3/25発表 第17期有価証券報告書よりペットゴーの沿革についてご紹介します。ペットゴーの沿革によれば、ペットゴーは

・2004年11月ペットゴー(株)を設立

・2005年2月 インターネットを介したペット用品の通信販売を行うウェブサイトペットゴーによるサービスを開始

・2013年4月 定期購入サービスをリリース

・2017年5月 100%出資子会社ペットゴープロダクツ(株)を設立

・2022年4月東証グロースへ上場

とのことです。

ペットゴーの売上高は2021年3月期末で94.7億円。直近YoY成長率は +16.4%

saaslife_ペットゴーの開示KGI(売上高)推移

では続いてペットゴーの売上高から見てみましょう。

2017年3月期末から2021年3月期末の5年分の売上高を見ると、YoYの売上高成長率は-4.9%〜+20.0%の水準で推移しています。

2021年3月期末の計算ストック売上高比率は最大で7.0%

saaslife_推定KPI:ペットゴーのストック売上比率推移

続いて、ペットゴーの売上高の構成比率について見てみましょう。2022/3/25発表 第17期有価証券報告書によればペットゴーはそのストック売上高を公開していません。一方、2022/4/28発表 事業計画及び成長可能性に関する事項p.30からは同社のサブスクリプション売上高は公開されており、この全売上高に占める2021年3月期末の比率は7.0%です。

さて、次回はペットゴーの各種KPIを分析していきます。ペットゴーは、ペットケアという領域に特化してサービスを提供しています。その単価や利用者数などの各種KPIがどのようになっているか調査が楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

最後に宣伝

ちなみに2021年以降にIPOしたSaaS関連各社の四半期単位の各社については、本サイトをまとめた書籍を執筆しています。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)当該期間にIPOした新規上場SaaSの分類として、

  • ホリゾンタル・バーティカルSaaS
  • エンタープライズとSMBSaaS

などの分類とまた、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は以下よりご覧ください。なお、リンクのクリックで個社の過去記事をご覧いただくこともできます。

時期表紙取扱SaaSとそのリンク(上場日付順)
FY2021Q4シンク
フォトシンス
GRCS
サイエンスアーツ
ラストワンマイル
スローガン
ボードルア
フレクト
ネットプロテクションズ
トゥルーデータ
ブロードエンタープライズ
JDSC
ヒュウガプライマリケア
グローバルセキュリティエキスパート
ラバブルマーケティンググループ
サインド
網屋
ザクー
フィナテキストホールディングス
エクサウィザーズ
ハイブリッドテクノロジーズ
エフ・コード
CS-C
ニフティライフスタイル
セキュア
FY2021Q3ラキール
フューチャーリンクネットワーク
モビルス
ユミルリンク
ロボットペイメント
セーフィー
FY2021Q2ビジョナル
ペイロール
プラスアルファ・コンサルティング
サイバートラスト
ファブリカコミュニケーションズ
ネオマーケティング
FY2021Q1ワカル
ウイングアーク1st
ベビーカレンダー
スパイダープラス
エイピアー
出版履歴

タイトルとURLをコピーしました