行動支援ソリューションサービスとして DFO・オンライン内見を月額課金で提供!ニフティライフスタイルのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_行動支援ソリューションサービスとして DFO・オンライン内見を月額課金で提供!ニフティライフスタイルのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_行動支援ソリューションサービスとして DFO・オンライン内見を月額課金で提供!ニフティライフスタイルのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

ニフティライフスタイルは情報提供を通じて消費者と企業を結びつけるプラットフォームサービスを提供する行動支援プラットフォームサービスと業務支援を通じて、消費者と企業の課題を解決する行動支援ソリューションサービスを展開

saaslife_参考:ニフティライフスタイルの事業内容紹介(1/3)

さて、初めにニフティライフスタイルの事業についてご紹介します。2022/2/19時点 同社のホームページによれば、ニフティライフスタイルは、

・情報提供を通じて消費者と企業を結びつけるプラットフォームサービスを提供する行動支援プラットフォームサービス

・業務支援を通じて、消費者と企業の課題を解決する行動支援ソリューションサービス

を展開しています。行動プラットフォームサービスには

・不動産情報を一括できるニフティ不動産

・全国の温泉情報を検索できるニフティ温泉

・求人情報を一括検索できるニフティ求人

があり、行動支援ソリューションサービスには、

・商品データを活用したデータフィード広告支援サービスのDFO

・場所や距離に依存せずに不動産の内見、手続きが可能なオンライン内見

があります。

サービス | ニフティライフスタイル株式会社
掲載物件数1,400万件!不動産物件の一括検索サービス 大手不動産サイト掲載の賃貸物件や購入物件を、豊富な条件でまとめて検索できる不動産情報サービスです。豊富な物件情報から、あなたにピッタ

ニフティライフスタイルの行動支援プラットフォームサービスにおける特徴は情報量(掲載の物件、案件、施設情報)

saaslife_参考:ニフティライフスタイルの事業内容紹介(2/3)

続いて、ニフティライフスタイルの行動支援プラットフォームサービスの特徴についてご紹介します。2021/12/24発表 事業計画及び成長可能性に関する事項についてp.10、11によれば、

・ニフティ不動産とニフティ求人は一括検索型(まとめてサイトを検索可能)

・ニフティ温泉は独自型(独自に情報収集)

により情報を消費者に提供しているとのことです。特に一括検索型のサービスにおいては、複数のサイトを横断して情報を探すことができるので、消費者も情報を探す手間を省くことができて便利ですね。

ニフティライフスタイルの行動支援ソリューションサービスのDFOは商品データを活用したデータフィード広告支援サービスであり、オンライン内見は場所や距離に依存せずに不動産の内見、手続きを可能にするサービス

saaslife_参考:ニフティライフスタイルの事業内容紹介(3/3)

最後に、ニフティライフスタイルの行動支援ソリューションサービスの特徴についてご紹介します。2021/12/24発表 事業計画及び成長可能性に関する事項についてp.21、22によれば、

・DFOは商品データを活用したデータフィード広告支援サービス

・オンライン内見は場所や距離に依存せずに不動産の内見、手続きを可能にするサービス

とのことです。

2018年2月ニフティ(株)がWEB分割準備(株)(現在のニフティライフスタイル)を設立。同年4月WEB分割準備(株)をニフティライフスタイル(株)に商号変更するとともに、ニフティ(株)よりマーケットプレイスサービスを吸収合併の手法にて承継し、2021年12月東証マザーズへ上場。

saaslife_参考:ニフティライフスタイルの沿革

続いて2021/11/19発表 第4期有価証券報告書よりニフティライフスタイルの沿革についてご紹介します。ニフティライフスタイルの沿革によれば、ニフティライフスタイルは

・1986年2月ニフティライフスタイルの前身である(株)エヌ・アイ・エフを設立

・1991年4月 ニフティ(株)へ商号変更

・2000年4月ニフティ不動産の前身であるMyhome@niftyサービスを提供開始

・2003年12月ニフティ求人の前身であるJob@niftyサービスを提供開始

・2008年11月コマースリンク(株)にてDFOの提供を開始

・2014年7月(株)Tryellにてオンライン内見の提供を開始

・2018年2月ニフティ(株)がWEB分割準備(株)(現在のニフティライフスタイル)を設立

・2018年4月WEB分割準備(株)をニフティライフスタイル(株)に商号変更するとともに、ニフティ(株)よりマーケットプレイスサービスを吸収合併の手法にて承継

・2019年4月(株)Tryrellを連結子会社化

・2020年9月東証マザーズへ上場ニフティネクサス(株)(現ニフティ(株))よりDFO事業を譲受

・2021年12月東証マザーズへ上場

とのことです。親会社であるニフティ(株)のマーケットプレイスサービスを吸収合併により承継して会社が始まっているんですね。

ニフティライフスタイルの売上高は2021年3月期末で22.6億円。直近YoY成長率は+9.2% 

saaslife_ニフティライフスタイルの開示KGI(売上高)推移

では続いてニフティライフスタイルの売上高から見てみましょう。

2018年3月期末から2021年3月期末の4年分の売上高を見ると、YoYの売上高成長率は+9.2%〜+22.3%の水準で推移しています。

2021年3月期末の計算ストック売上高比率は最大で9.2%

saaslife_推定KPI:ニフティライフスタイルの月額利用料(ストック売上)比率推移

続いて、ニフティライフスタイルの売上高の構成比率について見てみましょう。2021/11/19発表 第4期有価証券報告書、2021/12/24発表 事業計画及び成長可能性に関する事項についての中では、ニフティライフスタイルはそのARRやMRRを公開していません。一方で、そのサービス別の売上高は公開しているため、

・公開されている行動支援ソリューションが全てストック売上高による

と仮定して算出したストック売上高比率は

・最大で9.2%

となります。

さて、次回はニフティライフスタイルの各種KPIになっているのか分析していきます。ニフティライフスタイルはマーケットプレイス型のサービスを展開しつつ、その知見を生かしてSaaS型のサービスを提供しており、そのSaaSプロダクトがどのような個社単価や契約社数になっているか調べるのがとても楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ちなみに2021年以降にIPOしたSaaS関連各社の四半期単位の各社については、本サイトをまとめた書籍を執筆しています。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)当該期間にIPOした新規上場SaaSの分類として、

・ホリゾンタル・バーティカルSaaS

・エンタープライズとSMBSaaS

などの分類とまた、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は以下よりご覧ください。なお、リンクのクリックで個社の過去記事をご覧いただくこともできます。

時期表紙取扱SaaSとそのリンク(上場日付順)
FY2021Q4シンク
フォトシンス
GRCS
サイエンスアーツ
ラストワンマイル
スローガン
ボードルア
フレクト
ネットプロテクションズ
トゥルーデータ
ブロードエンタープライズ
JDSC
ヒュウガプライマリケア
グローバルセキュリティエキスパート
ラバブルマーケティンググループ
サインド
網屋
ザクー
フィナテキストホールディングス
エクサウィザーズ
ハイブリッドテクノロジーズ
エフ・コード
CS-C
ニフティライフスタイル
セキュア
FY2021Q3ラキール
フューチャーリンクネットワーク
モビルス
ユミルリンク
ロボットペイメント
セーフィー
FY2021Q2ビジョナル
ペイロール
プラスアルファ・コンサルティング
サイバートラスト
ファブリカコミュニケーションズ
ネオマーケティング
FY2021Q1ワカル
ウイングアーク1st
ベビーカレンダー
スパイダープラス
エイピアー
出版履歴

タイトルとURLをコピーしました