BNPL(後払い決済)サービスをSaaS形式で提供!ネットプロテクションズHDのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_BNPL(後払い決済)サービスをSaaS形式で提供!ネットプロテクションズHDのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_BNPL(後払い決済)サービスをSaaS形式で提供!ネットプロテクションズHDのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

ネットプロテクションズホールディングスはBtoC、BtoB、国内・海外向けにBNPL(Buy Now Pay Later)決済サービスを展開

saaslife_参考:ネットプロテクションズホールディングスの事業内容紹介

さて、初めにネットプロテクションズホールディングスの事業についてご紹介します。2022/2/12時点 同社のホームページによれば、ネットプロテクションズホールディングスは、

・BtoC、BtoB、国内・海外向けにBNPL(Buy Now Pay Later)決済サービスを展開

しています。それぞれのサービスには

・BtoC通販向け決済の「NP後払い」

・BtoCサービス向け決済の「NP後払いair」

・BtoC向け会員制決済の「atone(アトネ)」

・BtoB向け決済の「NP掛け払い」

・台湾向け後払い決済の「AFTEE」

・クレジットカード決済の「NPカード」

・BtoC向けポイントプログラムの「AFTEE」

・ポストプライシングサービスの「あと値決め」

があり、合計8つのサービスがあります。

BUSINESS | 株式会社ネットプロテクションズ

2000年1月の(株)ネットプロテクションズの設立が祖業。後にアドバンテッジパートナーズによる子会社化、株式の移転があり現在に至る

saaslife_参考:ネットプロテクションズホールディングスの沿革(1/2)

続いて2021/11/11発表 第3期有価証券報告書よりネットプロテクションズホールディングスの会社としての全体像についてご紹介します。ネットプロテクションズホールディングスの沿革によれば、ネットプロテクションズホールディングスは

・2000年1月の(株)ネットプロテクションズの設立が祖業

・2015年11月にアドバンテッジパートナーズにより準純投資を目的として設立された(株)AP53により子会社化(旧NPホールディングス①)

・2018年10月に株式を移転し、(株)NPホールディングス(NPホールディングス②)を設立

とのことです。祖業となる(株)ネットプロテクションズから考えると、20年以上も決済領域に取り組んできた会社なんですね。

2000年1月ECに新しい標準を創造することを目的として株式会社ネットプロテクションズ(旧ネットプロテクションズ)を設立。2年後の2002年3月 BtoCの通販事業者向けのBNPL決済サービスとして「NP後払い」サービスの提供開始。2021年12月東証一部へ上場。

saaslife_参考:ネットプロテクションズホールディングスの沿革(2/2)

続いて2021/11/11発表 第3期有価証券報告書よりネットプロテクションズホールディングスの沿革についてご紹介します。ネットプロテクションズホールディングスの沿革によれば、ネットプロテクションズホールディングスは

・2000年1月ECに新しい標準を創造することを目的として株式会社ネットプロテクションズ(旧ネットプロテクションズ)を設立

・2002年3月 BtoCの通販事業者向けのBNPL決済サービスとして「NP後払い」サービスの提供開始

・2002年10月通販事業者向けクレジットカード決済として「NPカード」サービスの提供開始

・2015年7月BtoCのサービス向けBNPL決済サービスとして「NP後払いair」サービスの提供開始

・2016年7月(株)AP53が、旧ネットプロテクションズを子会社化

・2016年8月(株)AP53が(株)NPホールディングス(旧NPホールディングス①)に商号変更

・2018年8月BtoC台湾向けBNPL決済「AFTEE」サービス提供開始

・2018年10月旧NPホールディングス②が、(株)ネットプロテクションズホールディングスに商号変更

・2021年12月東証一部へ上場

とのことです。主要サービスであるNP後払いは創業後2年で始まり、

・最初はBtoCの通販事業者向けに提供

されながら20年近くも続いているサービスということがわかりますね。

ネットプロテクションズホールディングスの売上高は2021年3月期末で181.1億円。直近YoY成長率は+19.3% 

saaslife_ネットプロテクションズホールディングスの開示KGI(売上高)推移

では続いてネットプロテクションズホールディングスの売上高から見てみましょう。

2019年3月期末から2021年3月期末の3年分の売上高を見ると、YoYの売上高成長率は+10.1%〜+19.3%の水準で推移しています。

2021年3月期末の計算ストック売上高比率は推定で19.8〜47.1%

saaslife_推定KPI:ネットプロテクションズホールディングスの月額利用料(ストック売上)比率推移

続いて、ネットプロテクションズホールディングスの売上高の構成比率について見てみましょう。2021/11/11発表 第3期有価証券報告書によれば、ネットプロテクションズホールディングスはそのARRやMRRを公開していません。一方で、そのサービスの手数料率は公開しているため、

・公開されているNP後払いの売上高、

・取引にかかるサービス料金の料率を2.9%〜4.4%で掛け算

・手数料率以外は全てストック売上高

と仮定して算出したストック売上高比率は

・推定で19.8〜47.1%

となります。

さて、次回はネットプロテクションズホールディングスの各種KPIになっているのか分析していきます。ネットプロテクションズホールディングスは加盟店向けにSaaS型で導入できるサービスを提供しており、そのSaaSプロダクトがどのような個社単価や契約社数になっているか調べるのがとても楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ちなみに2021年以降にIPOしたSaaS関連各社の四半期単位の各社については、本サイトをまとめた書籍を執筆しています。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)当該期間にIPOした新規上場SaaSの分類として、

・ホリゾンタル・バーティカルSaaS

・エンタープライズとSMBSaaS

などの分類とまた、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は以下よりご覧ください。なお、リンクのクリックで個社の過去記事をご覧いただくこともできます。

時期表紙取扱SaaSとそのリンク(上場日付順)
FY2021Q4シンク
フォトシンス
GRCS
サイエンスアーツ
ラストワンマイル
スローガン
ボードルア
フレクト
ネットプロテクションズ
トゥルーデータ
ブロードエンタープライズ
JDSC
ヒュウガプライマリケア
グローバルセキュリティエキスパート
ラバブルマーケティンググループ
サインド
網屋
ザクー
フィナテキストホールディングス
エクサウィザーズ
ハイブリッドテクノロジーズ
エフ・コード
CS-C
ニフティライフスタイル
セキュア
FY2021Q3ラキール
フューチャーリンクネットワーク
モビルス
ユミルリンク
ロボットペイメント
セーフィー
FY2021Q2ビジョナル
ペイロール
プラスアルファ・コンサルティング
サイバートラスト
ファブリカコミュニケーションズ
ネオマーケティング
FY2021Q1ワカル
ウイングアーク1st
ベビーカレンダー
スパイダープラス
エイピアー
出版履歴

タイトルとURLをコピーしました