デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム、バディコム(buddycom)を提供!サイエンスアーツのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム、バディコム(buddycom)を提供!サイエンスアーツのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム、バディコム(buddycom)を提供!サイエンスアーツのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

サイエンスアーツはデスクレスワーカーを繋ぐライブコミュニケーションプラットフォームバディコム(Buddycom)売上高と積極的な展開は控えているその他売上高からなる事業を展開

saaslife_参考:サイエンスアーツのプロダクト紹介

さて、初めにサイエンスアーツのプロダクトについてご紹介します。2021/11/1時点同社ホームページ、2021/10/19発表 第17期有価証券報告書によれば、サイエンスアーツは、主要事業として、

・バディコム(Buddycom):デスクレスワーカーを繋ぐライブコミュニケーションプラットフォーム

・その他:積極的な展開は控えている

の2事業から成り立っています。後述の沿革でも紹介しますが、元々は

・バディコム(Buddycom)

・アルティベース(ALTIBASE):データベースシステム

の2セグメントから成り立っていましたが、現在のその他にはアルティベースを含んでおり、こちらは積極的には展開していかない方針とのことです。

「Buddycom」とは
Buddycomは“現場が変わる“デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォームです。音声や動画、位置情報に加え、AIを利用したデジタルアシスタントでのコミュニケーションを実現。多くのエコシステムパートナーと連携し、現場のデータを生かす最新の機能を使うことができます。

2003年9月(株)シアンス・アールを設立し、ITコンサルティング事業を開始。2007年9月データベース管理システムALTIBASEの販売を開始後、8年後の2015年9月スマートフォンIP無線サービスアルディオ(Aldio)の開発・販売を開始。2019年10月(株)サイエンスアーツに社名を変更、Aldioのサービス名をバディコム(Buddycom)へ変更し、2021年11月東証マザーズへ上場予定。

saaslife_参考:サイエンスアーツの沿革

続いて2021/10/19発表 第17期有価証券報告書よりサイエンスアーツの沿革についてご紹介します。サイエンスアーツの沿革によれば、サイエンスアーツは

・2003年9月(株)シアンス・アールを設立、ITコンサルティング事業を開始

・2007年9月データベース管理システムALTIBASEの販売を開始

・2015年9月スマートフォンIP無線サービスアルディオ(Aldio)の開発・販売を開始

・2018年4月1対多のグループ一斉音声通信Aldioの通信技術に関する国内特許を取得

・2018年9月1対多のグループ一斉データ通信における映像配信技術の国内特許を取得

・2019年10月(株)サイエンスアーツに社名を変更、Aldioのサービス名をバディコム(Buddycom)へ変更

・2020年10月1対多のグループ音声通信技術における韓国での特許を取得

・2021年1月1対多のグループ音声通信技術におけるシンガポールでの特許を取得

・2021年4月1対多のグループ音声通信技術における中国での特許を取得

・2021年11月東証マザーズへ上場予定

とのことです。2015年9月にバディコムの前身であるアルディオをリリースしたあとは、国内特許、韓国、シンガポール、中国と特許を取得しており、海外もサービス提供範囲に入っていることがわかります。

2021年8月期末で2.2億円。直近YoY成長率は+24.3% 

saaslife_サイエンスアーツの開示KGI(売上高)推移

では続いてサイエンスアーツの売上高から見てみましょう。

2016年8月期末から2020年8月期末の5年分の売上高を見ると、YoYの売上高成長率は+14.9%〜+39.4%の水準で推移しています。直近の売上高成長比率の減少は、売上に占めるその他の売上高が積極的に拡大を目指さないことで下がっていることが要因のようです。

2020年8月期末のストック売上高比率は60.4%(サブスクリプション売上高として、Buddycomの事業売上高比率)

saaslife_公開KPI:サイエンスアーツの月額利用料(ストック売上)比率推移

続いて、サイエンスアーツの売上高の構成比率について見てみましょう。2021/10/19発表の第17期有価証券報告書によれば、サイエンスアーツはその売上高に占めるストック売上の比率をサブスクリプション売上高比率として公開しています。こちらの情報によれば、サイエンスアーツの2020年8月期末のストック売上高比率は60.4%です。

さて、次回はサイエンスアーツのSaaSプロダクトであるバディコムがどのようなKPIになっているのか、分析していきます。サイエンスアーツはハードウェアとソフトウェアの両方を提供しており、そのSaaSプロダクトの価格や社数がどうなっているかの深掘りがとても楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools

タイトルとURLをコピーしました