プロ品質の動画が配信できるプラットフォーム!Vimeo(ヴィメオ)のKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_ プロ品質の動画が配信できるプラットフォーム!Vimeo(ヴィメオ)のKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 海外SaaS
saaslife_ プロ品質の動画が配信できるプラットフォーム!Vimeo(ヴィメオ)のKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

ヴィメオは企業が動画を活用するために必要なコンテンツ作成・コンテンツ管理・コンテンツ配信を可能にするSaaSを提供

saaslife_参考:ヴィメオのプロダクト紹介

2021年7月6日時点の同社ホームページによれば、企業が動画を活用するために必要なコンテンツ作成・コンテンツ管理・コンテンツ配信を可能にするSaaSを提供しているとのことです。文字情報と写真だけでは伝わりきらなかったり、醸成するのが難しいブランドイメージを動画の力で行うことができるプラットフォーム、ということで、スマートフォン・高速回線の普及とも沿ったサービスである、ということができそうですね。

2004年の創業後、2006年にIACにより買収される。その後2021年5月VimeoがIACよりスピンアウトし、2021年5月Nasdaqに上場。

saaslife_参考:ヴィメオの沿革

続いてヴィメオの沿革についてご紹介します。ヴィメオのwikipediaによれば、同社は2004年の創業後、IACにより買収されていたとのことです。その後IACよりスピンアウトし、2021年5月にNasdaqに上場しています。当初は短編動画を友人とシェア・タグ付けするサービスとして創業されており、時期的にはyoutubeが始まった時期と近いのが特徴的です。

Vimeo - Wikipedia

2020年12月期末で283億円。直近YoY成長率は144% 

saaslife_ヴィメオの開示KGI(売上高)推移ヴィメオの開示KGI(売上高)推移(1USD=100円換算)

では続いてヴィメオの売上高から見てみましょう。直近2年の売上高を見ると、その売上高成長率は2019年12月から2020年12月のYoYで144%の高い水準にあります。コロナにより、リモートワークが推進されて企業のキャンペーンがオフラインからオンラインへと移っていったことも大いに後押ししてそうですね。

ヴィメオのストック売上の比率はほぼ100%(詳細は非開示)

saaslife_公開KPI:ヴィメオの月額利用料(ストック売上)比率推移

続いて、ヴィメオの売上高の構成比率について見てみましょう。ヴィメオのS-1によれば、同社のサービスはセルフサーブ型とのことで、ストック売上比率はほぼ100%に近いことが推測されます。

ヴィメオのアメリカとその他の国の売上比率はほぼ半々

saaslife_公開KPI:ヴィメオの地域別売上比率(第一四半期実績)

続いて、ヴィメオの売上高の地域別構成比率について見てみましょう。Form S-1によればヴィメオの売上はアメリカとその他の国でほぼ半々とのことです。

アメリカ、それ以外の全世界で150%を超える売上高成長

saaslife_公開KPI:ヴィメオの地域別売上の対前年成長率(第一四半期末時点)

続いて、ヴィメオの売上高の構成比率について見てみましょう。Form S-1によればヴィメオの地域別の2021年第一四半期の売上高の昨対比率は150%を超えており、高い成長率を維持していることがわかります。

さて、次回は全世界に向けて展開するヴィメオの価格・顧客数などの各種KPIがどうなっているのか、分析していきます。非常に楽しみです!最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました