アジア、欧州に17拠点!台湾発のAIマーケティングSaaS!エイピアー (Appier)のKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_ アジア、欧州に17拠点!台湾発のAIマーケティングSaaS!エイピアー (Appier)のKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_ アジア、欧州に17拠点!台湾発のAIマーケティングSaaS!エイピアー (Appier)のKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

エイピアーはB2B顧客向けにAIを活用したマーケティングツールをSaaSの形で提供。

Saaslife_参考:エイピアーのプロダクト紹介

さて、初めにエイピアーのプロダクトについてご紹介します。2021年3月3日時点の同社ホームページによれば、エイピアーはB2B顧客向けにAIを活用したマーケティングツールをSaaSの形で提供している、とのことです。具体的なプロダクトはAiDeal(アイディール)、AiQUA(アイコア)、Aixon(アイソン)、CrossXの4種類を展開しています。それぞれのプロダクトの位置付けは、

・AiDeal(アイディール):ウェブ接客ツール

・AiQUA(アイコア):カスタマーエンゲージメントツール

・Aixon(アイソン):データサイエンスプラットフォーム

・CrossX:アドソリューション

ということです。これまで本サイトで紹介していた、プレイド社やフィードフォース社と一部プロダクトが被りつつ、自前でのCRMめいたこともできる、そんな会社だということができるでしょうか。

2012年6月台湾法人のAppier Incにて人工知能を活用した企業のマーケティングにおけるソリューションの研究開発を開始。その後2020年12月東証マザーズに上場

saaslife_参考:エイピアーの沿革

続いて2021/2/24発表 新規上場申請のための有価証券報告書よりエイピアーの沿革についてご紹介します。エイピアーの沿革によれば、その前身は2012年6月に台湾法人のAppier Incにて人工知能を活用した企業のマーケティングにおけるソリューションの研究開発を開始したことに発端があるようです。その後、2014年6月にアドソリューションのCrossXを、2018年10月にカスタマーエンゲージメントツールのAiQUA(アイコア)を、2019年10月にデータサイエンスプラットフォームのAixon(アイソン)を、2019年10月にウェブ接客ツールのAiDeal(アイディール)を提供開始しています。AiQUAとAiDealについては、それぞれ買収した事業の技術を活用したプロダクトだということで、M&Aも積極的に手がけている会社ということが言えそうですね。なお、2020年3月に東証マザーズに上場予定です。

エイピアーの最新開示KGI(売上高)は2020年12月期末で89.7億円。直近YoY成長率は124%

saaslife_エイピアーの開示KGI(売上高)推移

では続いてエイピアーの売上高から見てみましょう。直近3年の売上高を見ると、その売上高成長率は2018年12月から2019年12月、2019年12月から2020年12月のYoY成長率はそれぞれ116%、124%となっていました。

2020年12月期末でストック売上比率は95.8%

saaslife_公開KPI:エイピアーの月額利用料(ストック売上)比率推移

続いて、エイピアーの売上高の構成比率について見てみましょう。2021/2/24発表 新規上場申請のための有価証券報告書によれば、エイピアーの事業のうち、ストック売上比率(リカーリング比率)は46.3%でした。さて、次回はエイピアーのSaaSプロダクトがどのようなKPIになっているのか、分析していきます。非常に楽しみです!最後まで読んでいただきありがとうございました。

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools

タイトルとURLをコピーしました