DX推進の流れは事業への超追い風?iOS/Androidで動くスマホアプリプラットフォームを提供するヤプリのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_ DX推進の流れは事業への超追い風?iOS/Androidで動くスマホアプリプラットフォームを提供するヤプリのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_ DX推進の流れは事業への超追い風?iOS/Androidで動くスマホアプリプラットフォームを提供するヤプリのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

ヤプリは沢山のスマホアプリ機能をプラットフォームを介して提供

saaslife_参考:ヤプリは沢山のスマホアプリ機能をプラットフォームを介して提供

はじめにヤプリの各プロダクトについてご紹介します。同社ホームページや新規上場のための有価証券報告書によれば、ヤプリはiOS、Androidのスマートフォンアプリを、CMS(Contents Management System)を介して企業が利用することができるプラットフォームだそうです。iOS、Androidそれぞれの開発をエンジニアの手で行うには、時間も工数もかかるところを同社のCMSによって、簡単にできるのがサービスの売りなようですね。確かに、類似の機能を企業は使いたがるはずなので、各企業が独自でアプリを作るよりも、共通機能を自分たちが使いたいように使うことができるのはとても大きなメリットが導入企業側にとってもあるような気がします。

ヤプリにとってはDX需要とIT人材の不足が追い風。

saaslife_参考:ヤプリにとってはDX需要とIT人材の不足が追い風

続いて、ヤプリのプロダクトが企業に導入されるマクロ環境の状況についてご紹介します。こちらはヤプリのIの部から抜粋してきた資料になりますが、大きくいうと、

  • DX(デジタルトランスフォーメーション)に対する国内の投資はさらに伸びる
  • IT人材は不足しており、全世界的にも日本の人材は足りていない
  • スマートフォン利用者は増え続けている

という3つの要素が同社のサービスを支えるマクロ環境に対する状況のようです。

2013年2月にプログラミング不要でネイティブアプリを簡単に制作、運営できるクラウド型のプラットフォームを提供することを目的と設立。2020年12月に東証マザーズに上場(予定)

saaslife_参考:ヤプリの沿革

続いてヤプリの沿革についてご紹介します。ヤプリの沿革によれば、同社は2013年プログラミング不要でネイティブアプリを簡単に制作、運営できるクラウド型のプラットフォームを提供することを目的と設立されています。

設立の同年にはアプリ運営プラットフォームYappliをリリース。前回ご紹介したプレイドのKARTEとは異なり、会社設立後はすぐにプロダクトをリリースしているんですね。その後2017年4月には社名を株式会社ヤプリに変更しています。プロダクト名と社名が一緒だとわかりやすいので、ここはSaaSあるあるなのかもしれないですね。その後は2019年3月にGMOのアプリ事業、GMOアップカプセル事業を譲受し、2020年12月には東証マザーズへ上場予定の会社です。

ヤプリの開示KGI(連結売上高)推移:2019年12月期末で17.2億円。直近YoY成長率は168%

saaslife_ヤプリの開示KGI(売上高)推移

では続いてヤプリの連結売上高から見てみましょう。直近5年の売上高推移を見ると、売上高の成長率はYoYで168%を超えており、高い成長率を示していることがわかります。沿革でも触れた通り、2018年から2019年にかけては、2019年3月に事業を譲受したGMO社のアップカプセルの売上も含んでいるようですね。

2019年12月期末でサブスリプション比率は75%。

saaslife_参考:ヤプリ売上高の売上高構成比率の推移

続いて、ヤプリの売上高の構成比率について見てみましょう。2020年11月13日に発表された新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)によれば、ヤプリは過去4年の月額利用割合を公開しています。こちらによれば、月額利用料の割合は75%出そうで、過去紹介してきたSaaSの中でも標準的な位置にいることがわかります。アプリを作る、という観点では結構複雑なことをやっているはずなので、おそらく初期費用の部分はそれなりにかかっているのではないかと推測できますが、こちらは次回以降の分析で触れていきたいと思います。

それでは次回以降、気になるKPI推移について紹介していきます!ヤプリはこれまで取り上げていたSaaSの中でも、CMS(Contents Management System)を使ってアプリを提供する、ということでアメリカのWixなどに代表されるブログサービスと似たSaaSを提供しています。さらに、月額利用料ベースの解約率などの指標も公開しており、これらを調べにいくことが今から楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました