建設業のDXを推進!施工管理SaaS「SPIDERPLUS」を提供するスパイダープラスの最新四半期KGI/KPI推移を調べてみた

saaslife_建設業のDXを推進!施工管理SaaS「SPIDERPLUS」を提供するスパイダープラスの最新四半期KGI/KPI推移を調べてみた 国内SaaS
saaslife_建設業のDXを推進!施工管理SaaS「SPIDERPLUS」を提供するスパイダープラスの最新四半期KGI/KPI推移を調べてみた

スパイダープラスのFY22第一四半期末売上高は5.7億円

saaslife_スパイダープラスの開示KGI(四半期末時点売上高)推移

はじめにスパイダープラスの最新四半期末(2022年第一四半期末)の売上高を見てみましょう。2022/5/13発表 2022年12月期 第1四半期 決算説明資料によれば、スパイダープラスの2022年第一四半期末の売上高は5.7億円であり、

  • 計算の単月売上は 1.9億円/月 
  • 直近YonY成長率は +30.0% 
  • 直近QonQ成長率は +6.2%

となっています。

スパイダープラスのFY22第一四半期末推定ストック売上高比率は96.0%

saaslife_推定KPI:スパイダープラスの四半期末時点ストック売上高比率推移
saaslife_推定KPI:スパイダープラスの四半期末時点ストック売上高比率推移

続いて、スパイダープラスの売上高の構成比率について見てみましょう。2022/5/13発表 2022年12月期 第1四半期 決算説明資料によれば、スパイダープラスはそのストック売上高を公開しておりません。そこで、公開されている直前四半期のARR/4をストック売上高とみなした売上高の全売上高に占める比率をストック売上高比率と仮定して計算を行うと、FY22第一四半期末のストック売上高比率は96.0%です。

計算のFY22第一四半期末MRRは1.9億円

続いてスパイダープラスの最新四半期末(2022年第一四半期末)の計算MRRを見てみましょう。2022/5/13発表 2022年12月期 第1四半期 決算説明資料によれば、スパイダープラスのARRを12で割り算した計算によるFY22第一四半期末MRRは1.9億円であり、

  • 計算の新規MRRは+208万円/月 
  • 直近YonY成長率は+28.6% 
  • 直近QonQ成長率は+3.4%

となっています。

スパイダープラスのFY22第一四半期末のARPAは14.9万円

saaslife_公開KPI:スパイダープラスの四半期末時点平均顧客単価推移

続いてスパイダープラスの最新四半期末(2022年第一四半期末)の平均顧客単価推移を見てみましょう。2022/5/13発表 2022年12月期 第1四半期 決算説明資料によれば、スパイダープラスの2022年第一四半期末の平均顧客単価は14.9万円であり、

  • 直近YonY成長率は-9.7% 
  • 直近QonQ成長率は-0.7%

となっています。

スパイダープラスのFY22第一四半期末の契約社数は1,258社

saaslife_公開KPI:スパイダープラスの四半期末時点契約社数推移

続いてスパイダープラスの最新四半期末(2022年第一四半期末)の契約社数を見てみましょう。2022/5/13発表 2022年12月期 第1四半期 決算説明資料によれば、スパイダープラスの2022年第一四半期末の契約社数は1,258社であり、

  • 計算の単月契約社数は+18.0/月
  • 直近YonY成長率は+42.3% 
  • 直近QonQ成長率は+4.5% 

となっています。

以降はこれまでに紹介してきた単価、社数など各種KPIに関連した参考情報を数点ご紹介します。

スパイダープラスは施工管理(建設工事の管理)SaaSを提供

saaslife_参考:施工管理(建設工事の管理)SaaSを提供

スパイダープラスは施工管理(建設工事の管理)SaaSである「SPIDERPLUS(スパイダープラス)」を提供しています。スパイダープラスを導入することで各種建設会社はサブスクリプション契約により、施工管理に必要な

  • 図面管理
  • 写真管理
  • 電子小黒板
  • 報告書作成

などをクラウドで行うことができます。図面や資料などの大量の紙をタブレットに集約することができたり、従来持ち歩く必要のあった黒板を使わずとも黒板付きの記録写真を撮影することが可能ということでとても便利ですね。

FY22第一四半期にArmacell Japanへエンジニアリング事業を譲渡

saaslife_参考:Armacell Japanへエンジニアリング事業を譲渡

 続いて、事業のハイライトをご紹介します。2022/5/13発表 2022年12月期 第1四半期 決算説明資料によれば、スパイダープラスは第一四半期に

  • Armacell Japanへエンジニアリング事業を譲渡

しています。この結果として

  • 特別利益を131万円を計上
  • 売上総利益率が61.4%(YoYで+1.7pt)に改善

している特徴があります。

2024年適用開始の法改正、CAGR+40%の拡大市場が追い風

saaslife_参考:2024年適用開始の法改正、CAGR+40%の拡大市場が追い風

続いて、スパイダープラスが今後どこまで伸びうるのか、建設業界のDXトレンドを紹介している図を紹介します。2022/5/13発表 2022年12月期 第1四半期 決算説明資料によれば、

  • 2024年適用開始の法改正
  • 施工管理のみならず業務のさまざまな領域でデジタル技術の活行が進むことが見込まれること
  • CAGR+40%の拡大市場

とのことです。

FY22第一四半期末の従業員数は202人

saaslife_公開KPI:スパイダープラスの四半期末時点従業員数推移

最後にスパイダープラスの最新四半期末(2022年第一四半期末)の従業員数推移を見てみましょう。2022/5/13発表 2022年12月期 第1四半期 決算説明資料によれば、スパイダープラスの2022年第一四半期末の従業員数は202人であり、

  • 計算の単月従業員数は+2.7人/月
  • 直近YonY成長率は+53.0% 
  • 直近QonQ成長率は+4.1% 

となっています。

最後に宣伝

ちなみに2021年以降にIPOしたSaaS関連各社の四半期単位の各社については、本サイトをまとめた書籍を執筆しています。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)当該期間にIPOした新規上場SaaSの分類として、

  • ホリゾンタル・バーティカルSaaS
  • エンタープライズとSMBSaaS

などの分類とまた、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は以下よりご覧ください。なお、リンクのクリックで個社の過去記事をご覧いただくこともできます。

時期表紙取扱SaaSとそのリンク(上場日付順)
FY2021Q4シンク
フォトシンス
GRCS
サイエンスアーツ
ラストワンマイル
スローガン
ボードルア
フレクト
ネットプロテクションズ
トゥルーデータ
ブロードエンタープライズ
JDSC
ヒュウガプライマリケア
グローバルセキュリティエキスパート
ラバブルマーケティンググループ
サインド
網屋
ザクー
フィナテキストホールディングス
エクサウィザーズ
ハイブリッドテクノロジーズ
エフ・コード
CS-C
ニフティライフスタイル
セキュア
FY2021Q3ラキール
フューチャーリンクネットワーク
モビルス
ユミルリンク
ロボットペイメント
セーフィー
FY2021Q2ビジョナル
ペイロール
プラスアルファ・コンサルティング
サイバートラスト
ファブリカコミュニケーションズ
ネオマーケティング
FY2021Q1ワカル
ウイングアーク1st
ベビーカレンダー
スパイダープラス
エイピアー
出版履歴

タイトルとURLをコピーしました