SaaS型のモビリティ業務最適化サービス、キャリオット(Cariot)を提供!フレクトのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

saaslife_SaaS型のモビリティ業務最適化サービス、キャリオット(Cariot)を提供!フレクトのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2) 国内SaaS
saaslife_SaaS型のモビリティ業務最適化サービス、キャリオット(Cariot)を提供!フレクトのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

2021年3月期末時点の計算MRRは0.21億円。直近YoY成長率は+17.1%

saaslife_計算KPI:フレクトの期末時点MRR推移

はじめに、フレクトのMRRについて述べます。なお、フレクトはそのMRRを有価証券報告書の中では公開していません。一方で、そのARRを四半期単位公開しており、年度末ARRを12ヶ月で割り算することで、計算MRRとして算出しています。

フレクトは物流や営業などで利用する車両の位置や情報を見える化し、問合わせ業務の削減やアナログ管理業務の効率化により、顧客企業の効率化を支援

saaslife_参考:フレクトのSaaSプロダクト、キャリオット(Cariot)特徴

続いて、2021/11/17時点 同社ホームページ、2021/11/4発表 第16期有価証券報告書より抜粋してきたフレクトのサービス特徴を紹介します。同社ホームページによれば、フレクトは

・物流や営業などで利用する車両の位置や情報を見える化し、

・問合わせ業務の削減やアナログ管理業務の効率化により、顧客企業の効率化を支援する

ことができるSaaSプロダクトとのことです。

キャリオットの利用料金は初期費用0円、月額費用は要問い合わせ

saaslife_参考:キャリオットの料金体系

続いて、2021年11月13日時点の同社ホームページより抜粋してきたフレクトの料金体系を紹介します。同社ホームページによれば、キャリオットの利用料金は

・初期費用0円

・月額費用は要問い合わせ

となっています。ホームページによれば、月額料金は契約台数とアカウントに応じて変動するようですね。

料金パッケージ | モビリティ業務最適化クラウドCariot(キャリオット)
モビリティ業務最適化クラウド Cariot(キャリオット)の料金やサポート内容についてご紹介しています。

2021年3月期末のキャリオットの推定平均顧客単価は6.8万円/月(ただし、契約社数はPRタイムズで公開されている2019年3月、2020年4月時点情報を正として推定)

saaslife_推定KPI:キャリオットの平均顧客単価

続いて、キャリオットの平均顧客単価についての推計値をご紹介します。推計によれば、

・2021年3月期末のフレクトの推定平均顧客単価は6.8万円/月

となっています。

ただし、契約社数についてはPRタイムズにて公開されている同社の契約社数を

・2019年4月

・2020年3月

時点を元に推計しておりますので、正確性は若干下がります。

2021年3月期末の推定契約社数は300社

saaslife_公開KPI:フレクトの契約社数

続いて、フレクトの契約社数についても見てみましょうPRタイムズにて公開されている同社の契約社数によれば、

・2019年4月で100社

・2020年3月で200社

を突破したとのことですので、約1年で100社程度増えていることがわかります。

リアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)」、利用企業数100社突破
誰とでも車の位置を共有できる「DriveCast」機能で クルマに関わる「見守る人」「乗る人」「待つ人」へ提供価値の拡大を目指します 株式会社フレクトがサービス提供する、リアルタイム車両管理アプリ「Cariot」の利用
「人とモノの移動に関する業務の最適化を支援するクラウドサービス」としてロゴを一新します  | モビリティ業務最適化クラウドCariot(キャリオット)
こんにちは。Cariot(キャリオット)ブログ編集部です。 Cariotのサービスを提供開始から4年が経ち、Cariotをご利用いただいている企業は200社以上となりました。私たちのサービスは日々進化し、設立当初から掲げている「クルマに関わる人々をつなぐ」ことが実現したことで、業務改善に貢献できる機会が増えてきました。...

2021年3月期の最新従業員数は149人。最新YoY伸び率は+12.0%

saaslife_参考:フレクトの従業員数推移

最後に、フレクトの従業員数について述べます。2021年3月期の最新従業員数は149人で最新YoY伸び率は+12.0%とのことです。従業員数の成長率は直近の5年間で-8.75%〜+46.6%の範囲で変動しています。

最後に

今回取り上げたフレクトは、モビリティ業務の効率化という軸でSaaSを提供する会社でした。今後も、より詳細な解約率なども含めたSaaS関連の指標が開示されていくのがとても楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools

タイトルとURLをコピーしました