入退室管理を軸にオフィスや施設における様々な空間管理の課題を解決!クラウド型入退室管理システムのアケルン(akerun)を提供するフォトシンスのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

saaslife_入退室管理を軸にオフィスや施設における様々な空間管理の課題を解決!クラウド型入退室管理システムのアケルン(akerun)を提供するフォトシンスのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2) 国内SaaS
saaslife_入退室管理を軸にオフィスや施設における様々な空間管理の課題を解決!クラウド型入退室管理システムのアケルン(akerun)を提供するフォトシンスのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

2020年12月期末時点の計算MRRは1.01億円(公開ARR/12で算出)

saaslife_計算KPI:フォトシンスの期末時点MRR推移

はじめに、フォトシンスのMRRについて述べます。なお、フォトシンスはそのARRを有価証券報告書の中で公開しています。したがって、公開されているARRを12(ヶ月)で割り算してそのMRRとして算出しています。2015年12月以前のARRは公開されていないため、割愛しています。

アケルンは入退室管理/既存ドアに取り付けられる事によるコスト削減/勤怠管理ツールなどのオフィス向けサービスとの連携/クラウドツールによる簡単な管理ができることが特徴

saaslife_参考:フォトシンスのSaaSプロダクト、アケルンの特徴

続いて、2021年10月8日時点の同社ホームページより抜粋してきたフォトシンスのSaaSブロダクト、アケルンの特徴を紹介します。同社ホームページによれば、アケルンは

・入退室管理

・既存ドアに取り付けられる事によるコスト削減

・勤怠管理ツールなどのオフィス向けサービスとの連携

・クラウドツールによる簡単な管理

ができることが特徴とのことです。従来の物理的な鍵では取得できなかった情報を取得して、クラウドの力で管理できることが特徴です。

Akerun入退室管理システムとは | 導入社数No.1スマートロック
入退室管理システムならAkerun。セキュリティ強化、入室制御、勤怠管理など、さまざまなニーズにお応えします。お手持ちのNFC対応ICカードやスマートフォンで施錠可能です。

アケルンの利用料金は初期費用、月額費用共に要問い合わせ

saaslife_参考:フォトシンスのSaaSプロダクト、アケルンの料金体系

こちらは2021/10/8時点のアケルン料金について同社ホームページから抜粋した情報です。同社ホームページによれば、アケルンの利用料金は

・初期費用

・月額費用

ともに問い合わせが必要となっています。

よくあるご質問 | Akerun | 導入社数No.1のスマートロック
Akerun入退室管理システムの導入をご検討の皆様から多くお寄せいただいている質問をカテゴリー毎にFAQ形式でまとめました。ぜひご参照ください。

2020年12月期末のアケルンの推定平均顧客単価は2.7万円/月(ただし、社数は2021年3月の情報を使用)

saaslife_推定KPI:公開ARRと掲載数で求めたフォトシンスのアケルン平均顧客単価

こちらはアケルンについて、2021/9/30発表 第7期有価証券報告書より抜粋した2021年12月時点のARR、2021年3月時点の契約社数より求めた推定のアケるんの平均顧客単価です。推定によれば、

・2020年12月期末のアケルンの推定平均顧客単価は2.7万円/月

とのことです。ただし、こちらは推定に際して、社数は2021年3月の情報を使用しているため、実態はもう少し高い可能性があることにご注意ください。

2021年3月期末の契約社数は3,700社

saaslife_公開KPI:フォトシンスのアケルン契約社数

続いて、フォトシンスのアケルン契約社数についても見てみましょう。こちらは2021/9/30発表 第7期の有価証券報告書、2021/9/30発表 第7期有価証券報告書より

抜粋した2021年3月期末の契約社数です。こちらによれば、

・2021年3月期末の契約社数は3,700社

となっています。

2020年12月期の最新従業員数は111人。最新YoY伸び率は+46%

saaslife_参考:フォトシンスの従業員数推移

最後に、フォトシンスの従業員数について述べます。2020年12月期の最新従業員数は111人で最新YoY伸び率は+46%とのことです。従業員数の成長率は直近の5年間で+26%〜+139%の範囲で変動しています。上場をきっかけにまだまだ採用人数は増えそうですね。

最後に

今回取り上げたフォトシンスは、既存のドアに後付け可能なクラウド型入退室管理システムを提供する会社でした。セーフィーとも近い感じではありますが、今後もソフトウェアとハードウェアを組み合わせたSaaSが出てきそうで、とても楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools

タイトルとURLをコピーしました