地域のお店・施設、イベント・サークルなどあらゆる地元の情報を集めて発信!地域情報サイト「まいぷれ」を提供するフューチャーリンクネットワークのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_地域のお店・施設、イベント・サークルなどあらゆる地元の情報を集めて発信!地域情報サイト「まいぷれ」を提供するフューチャーリンクネットワークのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_地域のお店・施設、イベント・サークルなどあらゆる地元の情報を集めて発信!地域情報サイト「まいぷれ」を提供するフューチャーリンクネットワークのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

マーケティング支援事業として大手小売・流通企業向けの販促支援を、公共ソリューション事業として自治体向けのまいぷれポイント、ふるさと納税BPOを、地域情報流通事業としてまいぷれを提供

saaslife_参考:フューチャーリンクネットワークのプロダクト紹介

さて、初めにフューチャーリンクネットワークのプロダクトについてご紹介します。2021/9/27時点の同社ホームページによれば、フューチャーリンクネットワークは、主要事業として、

・マーケティング支援事業として大手小売・流通企業向けの販促支援を、

・公共ソリューション事業として自治体向けのまいぷれポイント、ふるさと納税BPOを、

・地域情報流通事業としてまいぷれ

を提供しています。なお、SaaSとしての要素があるのがまいぷれのため、今回は地域情報流通事業に焦点を当てた事業紹介を行います。

私たちのビジネス - 株式会社フューチャーリンクネットワーク
街に暮らす人に情報を提供し、 企業や自治体への支援で、地域を活性化。 その波は地域を越えて、日本へ世界へ広がっていきます。 主な3つの事業 地域情報流通事業 自分たちの目と耳で集めた“街の魅力”を、さまざまなメディア・手
地域情報サイト「まいぷれ」| 地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報!
地元暮らしをちょっぴり楽しくするような、...

2000年3月(有)フューチャーリンクネットワークを設立地域情報サイト「まいぷれ」を運営開始。2006年10月マーケティング支援事業を、2015年7月ふるさと納税業務支援ソリューションを開始。2021年8月東証マザーズへ上場。

saaslife_参考:フューチャーリンクネットワークの沿革

続いて2021/7/14発表 第21期有価証券報告書よりフューチャーリンクネットワークの沿革についてご紹介します。フューチャーリンクネットワークの沿革によれば、フューチャーリンクネットワークは

・2000年3月(有)フューチャーリンクネットワークを設立し、地域情報サイト「まいぷれ」を運営開始

・2001年11月(株)フューチャーリンクネットワークに組織変更

・2006年10月(株)宣美を子会社化し、マーケティング支援事業を開始

・2015年7月茨城県行方市と業務委託契約を締結し、ふるさと納税業務支援ソリューションを開始

・2021年8月東証マザーズへ上場

とのことです。沿革によれば、地域に密着したソリューションを提供しているのが特徴であり、月額掲載料を支払うまいぷれは設立の同じ年にリリースされています。

売上高は2020年8月期末で11.3億円。直近YoY成長率は+6% 

saaslife_フューチャーリンクネットワークの開示KGI(売上高)推移

では続いてフューチャーリンクネットワークの売上高から見てみましょう。

2016年2月期末から2020年8月期末の5年分の売上高を見ると、YoYの売上高成長率は-51%〜+136%の水準で推移しています。なお、2016年から2017年にかけて、売上が大きく減少していますが、こちらの詳細については、決算期を2月から8月に変更したことに伴い、6ヶ月分の売上高となっていることが要因とのことです。

2020年8月期末のストック売上高比率は34.7%(売上高に占めるまいぷれ売上高の比率)

saaslife_計算KPI:フューチャーリンクネットワークの月額利用料(ストック売上)比率推移

続いて、フューチャーリンクネットワークの売上高の構成比率について見てみましょう。2021/7/14発表の第21期有価証券報告書によれば、フューチャーリンクネットワークはそのリカーリング売上高を公開していません。そこで、まいぷれを含む地域情報流通事業の売上高がストックの売上高と仮定して計算すると、全体の売上に占めるストック売上比率は34.7%となっていました。

さて、次回はフューチャーリンクネットワークのSaaSプロダクトであるまいぷれがどのようなKPIになっているのか、分析していきます。フューチャーリンクネットワークは「地域情報」に特化したプロダクトを展開しており、そのSaaSプロダクトの価格や社数がどうなっているかの深掘りがとても楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools

タイトルとURLをコピーしました