高い専門性を持つプロフェッショナルの知見を活用して経営課題を解決する「プロシェアリング」を提供!サーキュレーションのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

saaslife_高い専門性を持つプロフェッショナルの知見を活用して経営課題を解決する「プロシェアリング」を提供!サーキュレーションのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2) 国内SaaS
saaslife_高い専門性を持つプロフェッショナルの知見を活用して経営課題を解決する「プロシェアリング」を提供!サーキュレーションのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

2020年12月期末時点の計算MRRは1.62億円(プロシェアリングサービスとFLEXY売上の合計値に累積プロジェクト件数のストック比率をかけたものを12で割算して算出)

saaslife_計算KPI:サーキュレーションの期末時点MRR推移

はじめに、サーキュレーションのMRRについて述べます。なお、サーキュレーションはそのARR及びMRRを有価証券報告書の中では公開していません。したがって、公開情報である

・プロシェアリングサービスとFLEXYの売上高を合算

・この数字に累積プロジェクト件数のストック比率を掛け算

・この積に対して、12(ヶ月)で割り算

を行って算出しており、あくまで推定値であることにご注意ください。

2020年7月期末時点の推定のプロジェクト単価は49万円(プロシェアリングサービスとFLEXYの年度単位の売上増分を新規プロジェクト数で割算して算出)

saaslife_推定KPI:サーキュレーションのプロジェクト単価推移

こちらは2021/6/18時点のサーキュレーションの第7期有価証券報告書より推定したサーキュレーションのプロジェクト単価の推移です。なお、推定に当たっては、公開情報である

・プロシェアリングサービスとFLEXYの年度による新規売上高を算出

・この数字を公開されている累積プロジェクト数の推移から算出した新規プロジェクト件数で割算

して算出しており、あくまで推定値であることにご注意ください。推定によれば、プロジェクト単価は49万円ということで、大企業にとっては継続不可能な数字ではない、という水準ということが言えるでしょうか。

2020年7月期末の新規プロジェクトの増分は2,049件。直近YoY成長率は+30.1%

saaslife_計算KPI:サーキュレーションのプロジェクト新規増分

続いて、サーキュレーションのプロジェクト件数の新規増分についても見てみましょう。こちらは2021/7/27発表 事業計画及び成長可能性に関する事項より抜粋したサーキュレーションのプロジェクト新規増分の推移です。同資料によれば、

・2020年7月期末の新規プロジェクトの増分は2,049件

・直近YoY成長率は+30.1%

となっています。

2020年7月期の最新従業員数は185人。最新YoY伸び率は+28%

最後に、サーキュレーションの従業員数について述べます。2020年7月期の最新従業員数は185人で最新YoY伸び率は+28%とのことです。従業員数の成長率は直近の5年間で+28%〜+53%の範囲で変動しています。上場をきっかけにまだまだ採用人数は増えそうですね。

最後に

saaslife_参考:サーキュレーションの従業員数推移

今回取り上げたサーキュレーションは、前回紹介したプロジェクトカンパニーと同じく、コンサルティングの契約を長期で獲得することで売上のストック比率を保つ特徴を持つ会社でした。解約を含まない平均顧客単価や契約社数などの情報は有価証券報告書やホームページからはわかりませんでしたが、今後さらに各種の数字が公開されていくのがとても楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools

タイトルとURLをコピーしました