コンサルティング、マーケティング、UI/UXのニーズを一気通貫で支援する!プロジェクトカンパニーのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_コンサルティング、マーケティング、UI/UXのニーズを一気通貫で支援する!プロジェクトカンパニーのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_コンサルティング、マーケティング、UI/UXのニーズを一気通貫で支援する!プロジェクトカンパニーのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

プロジェクトカンパニーは、コンサルティング、マーケティング、UI/UXのニーズを一気通貫で支援。長期契約のDXソリューションを提供

saaslife_参考:プロジェクトカンパニーのプロダクト紹介

初めにプロジェクトカンパニーのプロダクトについてご紹介します。2021/9/6時点の同社ホームページによれば、プロジェクトカンパニーは、主要事業として、

・コンサルティング、マーケティング、UI/UXのニーズを一気通貫で支援

することが事業の中心とのことです。SaaS、というよりは、コンサルティングに近いのですが、長期契約ということで、売上高にはストック型の性質をもった売上が含まれており、今回このサイトでも取り上げることにしました。なお、プロジェクトカンパニーは「​​高品質なユーザーテストを最も安く・早く・簡単に」をキャッチコピーに、ユーザーがサービスを使っている動画を元にユーザーの行動を解析するUIscopeというサービスを提供しています。同社の有価証券報告書によれば、このUIScopeの利用から、同社のコンサルティングへの案件獲得に繋がることも多いとのことです。確かに、ユーザー行動の解釈を巡っては、専門家の知見があったほうが企業も安心できるため、入り口をツールで案件獲得し、長期のコンサルティング契約につなげる、という方法はとても案件への移行をスムーズに進めることができそうですね。

事業内容 | ProjectCompany
私達は、硬直した日本社会を「プロジェクト型」に変革し、 プロジェクト型人材を輩出することで、 企業と個の成長を共に実現します。
ユーザーテストサービスのUIscope | UIscope
UIscopeはスマホ/PCのアプリ/サービスのユーザテストができるサービスです。あなたのターゲットユーザーが実際にサービスを使っている様子を見て、改善につなげることができます。UIscopeで安く・早く・簡単にユーザテストを行いましょう。

2016年1月「新規事業に対するコンサルティング事業、インターネットを活用したメディアへのコンサルティング事業の運営」を目的に(株)プロジェクトカンパニーを設立。2018年6月(株)InnoBetaより、UIScopeを事業譲受し、2021年9月東証マザーズへ上場予定。

saaslife_参考:プロジェクトカンパニーの沿革

続いて2021/8/24発表 第5期有価証券報告書よりプロジェクトカンパニーの沿革についてご紹介します。プロジェクトカンパニーの沿革によれば、プロジェクトカンパニーは

・2016年1月「新規事業に対するコンサルティング事業、インターネットを活用したメディアへのコンサルティング事業の運営」を目的に(株)プロジェクトカンパニーを設立

・2018年6月(株)InnoBetaより、Webサイト・スマートフォンアプリ等のリモート型のユーザビリティテストサービスUIScopeを事業譲受

・2021年9月東証マザーズへ上場予定

とのことです。元々コンサルティングを事業の目的として始まり、その後にUIScopeの事業を譲り受けた背景があるんですね。

売上高は2020年12月期末で11.0億円。直近YoY成長率は+66% 

saaslife_プロジェクトカンパニーの開示KGI(売上高)推移

では続いてプロジェクトカンパニーの売上高から見てみましょう。

2016年12月期末から2020年12月期末の5年分の売上高を見ると、YoYの売上高成長率は+66%〜+227%の水準で推移しています。直近2年ではYoYで+66%〜70%で推移しており、高い成長率を示していることがわかります。

2020年12月期末のストック売上高比率は80.0%(直近3期の公開されているストック売上比率)

saaslife_計算KPI:プロジェクトカンパニーの月額利用料(ストック売上)比率推移

続いて、プロジェクトカンパニーの売上高の構成比率について見てみましょう。2021/8/24発表の第5期有価証券報告書によれば、プロジェクトカンパニーはその直近3ヶ月のストック売上高比率を公開しており、80%ということです(したがって、グラフの割合も一律固定値になっています)。

さて、次回はプロジェクトカンパニーの売上構成がどのようなKPIになっているのか、分析していきます。長期のコンサルティング契約を結ぶことで、ストック型の売上を実現する、というところは、業界・用途は違えど今後更に生まれてくるのではないかと考えており、分析がとても楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

最後にSaaSを理解するための本のご紹介と宣伝

SaaSの本質であるリード生成、商談獲得、商談受注までのプロセスを表す一連の流れを指し、Salesforce、Marketoで勤務した経験を持つ福田氏による名著です。基本的なSaaSオペレーションの諸概念について、簡単な言葉で表現してくれており、SaaSの全体観を掴むのに適しています(なお、SaaS全体のおすすめ本はこちらにまとめています)。

ちなみに2021年以降にIPOしたSaaS関連各社の四半期単位の各社については、本サイトをまとめた書籍を執筆しています。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)当該期間にIPOした新規上場SaaSの分類として、

  • ホリゾンタル・バーティカルSaaS
  • エンタープライズとSMBSaaS

などの分類とまた、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は以下よりご覧ください。なお、リンクのクリックで個社の過去記事をご覧いただくこともできます。

時期表紙取扱SaaSとそのリンク(上場日付順)
FY2022Q1 エッジテクノロジー
カジー
マーキュリーリアルテックイノベーター
ビーウィズ
FY2021Q4シンク
フォトシンス
GRCS
サイエンスアーツ
ラストワンマイル
スローガン
ボードルア
フレクト
ネットプロテクションズ
トゥルーデータ
ブロードエンタープライズ
JDSC
ヒュウガプライマリケア
グローバルセキュリティエキスパート
ラバブルマーケティンググループ
サインド
網屋
ザクー
フィナテキストホールディングス
エクサウィザーズ
ハイブリッドテクノロジーズ
エフ・コード
CS-C
ニフティライフスタイル
セキュア
FY2021Q3ラキール
フューチャーリンクネットワーク
モビルス
ユミルリンク
ロボットペイメント
セーフィー
FY2021Q2ビジョナル
ペイロール
プラスアルファ・コンサルティング
サイバートラスト
ファブリカコミュニケーションズ
ネオマーケティング
FY2021Q1ワカル
ウイングアーク1st
ベビーカレンダー
スパイダープラス
エイピアー
出版履歴

タイトルとURLをコピーしました