企業が機械学習やAIを日常業務に実装するためのソリューションを提供!ブレインズテクノロジーのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_企業が機械学習やAIを日常業務に実装するためのソリューションを提供!ブレインズテクノロジーのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_企業が機械学習やAIを日常業務に実装するためのソリューションを提供!ブレインズテクノロジーのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

ブレインズテクノロジーは企業が機械学習・AIを自社業務に組み込むことができるソリューションを展開

saaslife_参考:ブレインズテクノロジーのプロダクト紹介

さて、初めにブレインズテクノロジーのプロダクトについてご紹介します。2021/7/28時点の同社ホームページによれば、ブレインズテクノロジーは、企業が機械学習・AIを自社業務に組み込むことができるソリューションを展開しています。そのソリューションには、

・異常検知ソリューションのインパルス(Impulse)

・社内の文章情報を検索できるニューロン(Neuron)

の2つがあります。ともに、企業がゼロから自社開発するのは大変なソリューションですので、自社開発するよりは安価なSaaSとして提供することで顧客への提供価値が高まることが言えそうですね。

製品&サービス | ブレインズテクノロジー株式会社
機械学習技術を活用したブレインズテクノロジーの製品、サービス(異常検知ソリューション「Impulse」、エンタープライズサーチ「Neuron ES」)の概要をご紹介します

2008年8月ブレインズテクノロジー(株)設立。2012年3月企画内検索エンジン「Neuron Enterprise Search」をリリース後に2014年2月大規模データ分析プラットフォーム「Impulse」をリリース。2021年7月東証マザーズ市場へ上場

saaslife_参考:ブレインズテクノロジーの沿革

続いて2021/6/22発表 第12期有価証券報告書よりブレインズテクノロジーの沿革についてご紹介します。ブレインズテクノロジーの沿革によれば、

・2008年8月ブレインズテクノロジー(株)設立

・2012年3月企画内検索エンジン「Neuron Enterprise Search」をリリース

・2014年2月大規模データ分析プラットフォーム「Impulse」をリリース

・2021年7月東証マザーズ市場へ上場

とのことです。大規模データ分析プラットフォーム「Impulse」は、学習モデルの解釈を支援する機能のリリースを合わせて、「異常検知ソリューション」として現在は提供しているようですね。

2020年7月期末で6.3億円、直近YoY成長率は+46%

saaslife_ブレインズテクノロジーの開示KGI(売上高)推移

では続いてブレインズテクノロジーの売上高から見てみましょう。2016年7月期から2020年7月期の5年分の売上高を見ると、YoYの売上高成長率は+19%〜+77%の水準で推移しています。直近YoY成長率は+46%となっており、高いYoYの売上高成長率を維持していることがわかります。

2020年7月期末のストック売上高比率は34%(売上高に占めるソフトウェア売上(ストック)の比率)

saaslife_公開KPI:ブレインズテクノロジーの月額利用料(ストック売上)比率推移

続いて、ブレインズテクノロジーの売上高の構成比率について見てみましょう。2021/6/22発表 第12期有価証券報告書によれば、ブレインズテクノロジーのストック売上高比率は公開情報で34%です。

さて、次回はブレインズテクノロジーのSaaSプロダクトがどのようなKPIになっているのか、分析していきます。ブレインズテクノロジーは複数のソリューションを提供しており、その内訳及び各種数字ががどのようになっているかの深掘りがとても楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools

タイトルとURLをコピーしました