帳票ソフト導入シェア7割で国内No.1!帳票基盤ソリューション「SVF Cloud」を提供するウイングアーク1stのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

saaslife_ 帳票ソフト導入シェア7割で国内No.1!帳票基盤ソリューション「SVF Cloud」を提供するウイングアーク1stのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2) 国内SaaS
saaslife_ 帳票ソフト導入シェア7割で国内No.1!帳票基盤ソリューション「SVF Cloud」を提供するウイングアーク1stのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

2020年2月期末時点の計算MRRは8.7億円。

saaslife_計算KPI:ウイングアーク1stの期末時点MRR推移

はじめに、ウイングアーク1stのMRRについて述べます。なお、ウイングアーク1stはそのMRR/ARRを有価証券報告書の中では公開していません。一方で、リカーリングによる売上高は公開していますので、このリカーリング売上高を12で割り算することで、そのMRRを算出しています。

SVFは初期費用は20万〜30万円、月額費用は3万〜90万円。Dr.Sumは初期費用は50万円、月額費用は15万〜200万円。

参考:ウイングアーク製品の料金体系

こちらは2021/5/10時点のウイングアークの代表プロダクト(SVFとDr.Sum)の料金体系です。初期費用、月額費用ともに料金が明確に公開されており、

・SVFは初期費用は20万〜30万円、月額費用は3万〜90万円

・Dr.Sumは初期費用は50万円、月額費用は15万〜200万円

となっています。エンタープライズも中小企業も両方に提供できる価格帯になっているようですね。

SVF Cloud 価格|ウイングアーク1st
帳票とBIはウイングアーク1st。SVF Cloudは日本固有の複雑な帳票フォームの設計と、PDFやExcelなどの美しい出力をクラウドで実現。
Dr.Sum Cloud|Dr.Sum|ウイングアーク1st
Dr.Sum Cloudは、Dr.Sumデータベースエンジンをクラウドで利用できるサービスです。MotionBoard Cloud との連携で、超高速集計による分析が可能になります。

2020年2月期末の期末契約社数あたり単価は171.8万円/月。最新YoY伸び率は105.8%

saaslife_計算KPI:ウイングアークの期末契約パートナー数あたり単価推移

続いて、2021/2/18日発表の第4期有価証券報告書にて公開されているウイングアークの期末時点の契約パートナー数から算出した契約パートナー数あたり単価についても見てみましょう。有価証券報告書に掲載されている契約パートナー数でリカーリング売上を割り算することによって求めた契約パートナー数あたり単価によれば、2020年2月期末の契約社数あたり単価は171.8万円/月で、最新YoY伸び率は105.8%となっています。

2020年2月期末の契約社数は507社。最新YoY伸び率は105.8%

saaslife_公開KPI:ウイングアークの契約パートナー数推移

続いて、ウイングアークの契約パートナー数についても見てみましょう。こちらも2021/2/18発表の第15期有価証券報告書より抜粋してきた情報にはなりますが、2020年2月期末の契約社数は507社で最新YoY伸び率は105.8%とのことでした。有価証券報告書によれば、ウイングアークの販売はパートナーを介した間接販売が前提とのことなので、詳細の利用社数は公開されていません。一方、2021/5/10時点のホームページ情報によれば、 

・SVF Cloudだけでも28,000社を超える導入

・Dr.Sumで6,400社

の導入実績があるそうですので、月額数万円がボリュームゾーンなのかもしれないですね。

SVF Cloud|ウイングアーク1st
帳票とBIはウイングアーク1st。SVF Cloudは日本固有の複雑な帳票フォームの設計と、PDFやExcelなどの美しい出力をクラウドで実現。
データドリブンを実現するデータ基盤ソリューション Dr.Sum|ウイングアーク1st
Dr.Sumは基幹システム、ファイル、IoTなど、社内に散在するあらゆるデータを収集し、リアルタイムで処理、高速で集計し、加工が可能なデータベースエンジンと、そのデータを分析・可視化することで、ビジネス戦略における素早い意思決定を支援します。

2020年2月期の最新従業員数は561人。最新YoY伸び率は107%

saaslife_参考:ウイングアーク1stの従業員数推移

最後に、ウイングアーク1stの従業員数について述べます。2020年3月期の最新従業員数は561人で最新YoY伸び率は107%とのことです。直近で急激に人が増えている、ということはなさそうです。

最後に

今回取り上げたウイングアーク1stは、企業に必要な帳票をSaaSとして提供する会社でした。価格帯も幅広く、数万円から数十万円までの金額感でサービスを展開する形式は、業務上不可欠なソフトウェアはSaaSとして提供するのに非常に相性が良さそうですね。最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました