「人と組織」の強さを具現化するエンゲージメント経営プラットフォームTUNAG(ツナグ)を提供!スタメンのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

saaslife_「人と組織」の強さを具現化するエンゲージメント経営プラットフォームTUNAG(ツナグ)を提供!スタメンのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2) 国内SaaS
saaslife_「人と組織」の強さを具現化するエンゲージメント経営プラットフォームTUNAG(ツナグ)を提供!スタメンのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

2020年12月期末時点の推定MRRは0.5億円。

saaslife_計算KPI:スタメンの期末時点MRR推移

はじめに、スタメンのMRRについて述べます。なお、スタメンはそのMRRを平均MRRという形でIR資料の中で公開しています。一方で、社数あたりの平均となり、会社としてのMRRがわかりづらいため、公開されている売上にストック比率をかけて、12で割り算をすることで算出しています。

saaslife_公開KPI:スタメンの期末時点の1社あたり平均MRR推移

初期費用と月額費用が発生要問合せ

参考:スタメンのプロダクトTUNAG(ツナグ)と料金

こちらは2021/4/18時点の同社ホームページより抜粋したスタメンの料金体系です。

・初期費用と月額費用が発生

・詳細は要問合せ

という料金体系になっています。

料金プラン | TUNAG

2020年12月期末の期末契約社数あたり単価は15.1万円/月。最新YoY伸び率は130.5%

saaslife_計算KPI:ツナグ(TUNAG)の期末契約社数あたり単価推移

続いて、同様に2021/3/26発表 第5期有価証券報告書にて公開されているスタメンの契約社数から算出した契約社数あたり単価についても見てみましょう。有価証券報告書に掲載されている契約社数でMRRを割り算することによって求めた契約社あたり単価によれば、2020年12月期末の契約社数あたり単価は15.1万円/月で、最新YoY伸び率は130.5%となっています。

2020年12月期末の契約社数は310社。最新YoY伸び率は124%

saaslife_公開KPI:ツナグ(TUNAG)の契約社数推移

続いて、スタメンの契約社数についても見てみましょう。こちらも2021/3/26発表 第5期有価証券報告書より抜粋してきた情報にはなりますが、2020年12月期末の契約社数は310社で最新YoY伸び率は124%とのことです。社数あたり単価の伸び率が社数の伸び率よりもやや大きいので、若干顧客の大型化が進んでいるのではないか、と推測されますが、ツナグについては、顧客単価をあげていくに当たって影響力が強いのがオプションによる課金なのかID数による課金なのかは詳細に公開されていないため、こちらは完全に推測になります。

2020年12月期の最新従業員数は47人。最新YoY伸び率は131%

saaslife_参考:スタメンの従業員数推移

最後に、スタメンの従業員数について述べます。2020年12月期の最新従業員数は47人で最新YoY伸び率は131%とのことです。特に2018年12月期末から2019年12月期末にかけて大きく従業員数が伸びた後は減少しつつも、人を増やしているようですね。

最後に

今回取り上げたスタメンは、従業員エンゲージメントを高めるための情報共有プラットフォームをSaaSとして提供する会社でした。2-3人で経営している小規模組織とは異なり、従業員が増えた際に発生する従業員管理をするというプラットフォームとしてとても特徴的なSaaSであるということが言えるのではないかと思います。このような、会社運用と切り離すことができない問題はSaaSとして解決策を提供するのに非常に相性がいい、ということが言えそうですね。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools

タイトルとURLをコピーしました