主力事業は大量データの高速処理を実現するソフトウェア開発・高速化サービス!フィックスターズのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_主力事業は大量データの高速処理を実現するソフトウェア開発・高速化サービス!フィックスターズのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_主力事業は大量データの高速処理を実現するソフトウェア開発・高速化サービス!フィックスターズのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

フィックスターズは大量データの処理が求められる産業向けに最新ハードウェアの性能を引き出すソフトウェアを蓄積。

saaslife_参考:フィックスターズのプロダクト紹介

さて、初めにフィックスターズのプロダクトについてご紹介します。2021年3月29日時点の同社ホームページによれば、フィックスターズは大量データの処理が求められる

①Semiconductor

②Mobility

③Industrial

④Life Science

⑤Finance

の注力分野で最新ハードウェアの性能を引き出すソフトウェアを蓄積している特徴があります。

すべての事業分野 - 株式会社フィックスターズ
株式会社フィックスターズのコーポレートサイトです。フィックスターズの事業分野一覧をご紹介します

2002年8月有限会社フィックスターズを設立。2002年10月株式会社フィックスターズへ組織変更。2014年4月東証マザーズへ上場。2016年11月東証一部へ市場変更

saaslife_参考:フィックスターズの沿革

続いて2020/12/17発表 第19期有価証券報告書よりフィックスターズの沿革についてご紹介します。フィックスターズの沿革によれば、

・2002年8月有限会社フィックスターズを設立

・2002年10月株式会社フィックスターズへ組織変更

・2014年4月東証マザーズへ上場

・2016年11月東証一部へ市場変更

しています。

フィックスターズの最新開示KGI(売上高)は2020年9月期末で59億円。直近YoY成長率は83% 

saaslife_フィックスターズの開示KGI(売上高)推移

では続いてフィックスターズの売上高から見てみましょう。

2015年9月期から2020年9月期の6年分の売上高を見ると、直近の売上高成長率は2019年9月期から2020年9月期にかけて、YoY成長率83%になっています。こちらがどのような影響で変化しているのか、事業セグメント別の情報を見てみましょう。

2020年9月期末でストック売上比率は85.5%

saaslife_公開KPI:フィックスターズの月額利用料(ストック売上)比率推移

続いて、フィックスターズの売上高の構成比率について見てみましょう。2020/12/17発表 第19期有価証券報告書によれば、フィックスターズの事業のうち、ストック売上比率(ソフトウェアサービス比率)は85.5%でした。

さて、次回はフィックスターズのSaaSプロダクトがどのようなKPIになっているのか、分析していきます。ハードウェアを活かすためのSaaSとしてプロダクトを提供している会社なので、ハードウェア事業を持っているSaaSならではの特徴がありそうで非常に楽しみです!最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました