エネルギーの未来をつくる!エネルギー業界特化型SaaS、EMAPとSMAPを提供するエネチェンジのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_エネルギーの未来をつくる!エネルギー業界特化型SaaS、EMAPとSMAPを提供するエネチェンジのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_エネルギーの未来をつくる!エネルギー業界特化型SaaS、EMAPとSMAPを提供するエネチェンジのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

エネチェンジはエネルギーデータ事業として電力・ガス会社向けに提供するデジタルマーケティング支援SaaS「EMAP」、電力スマートメーターデータ解析SaaS「SMAP」、電力データ解析技術を活用した稼働中の再生可能エネルギー発電所の運営効率化・ファンド運営事務サービス「JEF」の3サービスを展開

saaslife_参考:エネチェンジの事業紹介(1/3)エネルギーデータ事業

はじめにエネチェンジの事業のうちの1つ、エネルギーデータ事業についてご紹介します。同社のホームページによれば、エネチェンジはエネルギーデータ事業として電力・ガス会社向けに

・デジタルマーケティング支援SaaS「EMAP」

・電力スマートメーターデータ解析SaaS「SMAP」

を提供し、

・電力データ解析技術を活用した稼働中の再生可能エネルギー発電所の運営効率化・ファンド運営事務サービス「JEF」

の計3サービスを展開しているとのことです。純粋なSaaSとしての分析はやや精度が下がることになりますが、事業として見た際にSaaSのみならず投資の要素が入った事業というのは面白いですね。

エネチェンジはエネルギープラットフォーム事業として家庭向けの電力・ガス切替プラットフォーム「エネチェンジ」、法人向けの電力・ガス切替プラットフォーム「エネ チェンジBiz」の2サービスを展開

saaslife_参考:エネチェンジの事業紹介(2/3)エネルギープラットフォーム事業

次にエネチェンジのエネルギープラットフォーム事業についてご紹介します。同社のホームページによれば、エネチェンジはエネルギープラットフォーム事業として

・家庭向けの電力・ガス切替プラットフォーム「エネチェンジ」、

・法人向けの電力・ガス切替プラットフォーム「エネ チェンジBiz」

の2サービスを展開しています。電力・ガスをより効率的な業者に切り替えたい動機は家庭・法人それぞれに存在しており、一般消費者と法人、それぞれに向けてサービスを提供している特徴があります。ここまでに紹介したエネルギーデータ事業とエネルギープラットフォーム事業それぞれの事業系統図を紹介しますね。

saaslife_参考:エネチェンジの事業紹介(3/3)事業系統図

2015年4月株式会社エネチェンジ設立後、2017年6月SMAP ENERGY LIMITEDを子会社化し、2018年5月ENECHANGE株式会社へ商号変更。その後2020年12月東証マザーズに上場

saaslife_参考:エネチェンジの沿革

続いて2020/11/18発表 新規上場申請のための有価証券報告書よりエネチェンジの沿革についてご紹介します。エネチェンジの沿革によれば、その前身はCambridge Energy Data Lab Limitedという会社だったようですね。その後、新しく株式会社エネチェンジという会社を設立し、Cambridge Energy Data Lab Limitedからエネチェンジへの事業譲渡を行っています。その後2017年6月SMAP ENERGY LIMITEDを子会社化し、2018年5月ENECHANGE株式会社へ商号変更。その後2020年12月東証マザーズに上場しています。

2019年12月期末で12.7億円、直近YoY成長率は111% 

saaslife_エネチェンジの開示KGI(売上高)推移

では続いてエネチェンジの売上高から見てみましょう。直近5年の売上高推移を見ると、売上高の成長率はYoYで111〜287%の範囲にあります(2015年12月期末から2016年12月期末にかけては、分母が小さい結果数字が3000%を超えています)。なお、2017年から2018年にかけて売上高が一気に増えているのは、SMAP ENERGY LIMITEDの子会社化によるものです。

2019年12月期末でストック売上比率は最大46.3%

saaslife_推定KPI:エネチェンジの月額利用料(ストック売上)比率推移

続いて、エネチェンジの売上高の構成比率について見てみましょう。2020/11/18発表 新規上場申請のための有価証券報告書によれば、エネチェンジの事業のうち、SaaS事業を含むエネルギーデータ事業の売上は46.3%でした。エネルギーデータ事業は、SaaS以外にもファンド要素としてJEFを含んでいる一方、その売上高が非開示のため、ストック売上比率は「最大」で46.3%としています。さて、次回はエネチェンジのSaaSプロダクトがどのようなKPIになっているのか、分析していきます。非常に楽しみです!最後まで読んでいただきありがとうございました。

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools

タイトルとURLをコピーしました