中小企業における労働生産性の向上、経営課題解決に向けたソリューションを提供!中小企業向け経営支援プラットフォームSaaS、Big Advanceを提供するココペリのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

saaslife_中小企業における労働生産性の向上、経営課題解決に向けたソリューションを提供!中小企業向け経営支援プラットフォームSaaS、Big Advanceを提供するココペリのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2) 国内SaaS
saaslife_中小企業における労働生産性の向上、経営課題解決に向けたソリューションを提供!中小企業向け経営支援プラットフォームSaaS、Big Advanceを提供するココペリのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

計算KPI:ココペリ(ココペリ)の期末時点MRRは0.34億円

saaslife_計算KPI:ココペリ(ココペリ)の期末時点MRR推移

はじめに、ココペリのMRRについて述べます。なお、今回は、「計算」MRRとしています。この背景には、ココペリはそのSaaSプロダクトであるBig Advance関連の売上高を明確に有価証券報告書の中で公開していないため、フロー売上、その他の売上が小さいと仮定することで、この売上高を12(ヶ月)で割ることで、そのMRRが計算できるためです。計算した結果によれば、2020年3月期末時点の計算MRRは0.34億円でした。直線の傾きが大きくなっていることから、会員数の伸びが加速していることがわかります(詳細は後述します)。

直近期末のココペリの有料会員企業数は12,792件。最新YoY伸び率は527.7%

saaslife_公開KPI:ココペリ有料会員企業数推移

続いて、

・ココペリの有料会員企業数

について公開されてるKPIを紹介します。

なお、ココペリによれば、導入社数には

・金融機関数(Big Advanceに対して利用料を支払う)

・有料会員数(金融機関の提供するBig Advanceに対して利用料を支払う中小企業)

の2種類があり、前者にココペリがBig Advanceを提供し、有料会員(中小企業)へ金融機関がBig Advanceを提供して対価を得るビジネスモデルのようです。なお、Big Advance導入金融機関数が有料会員企業数に比べて小さい結果(2020年3月期時点で有料会員数が12,792に対して、金融機関数26と実に500倍近くの違いがあります)、グラフには表示がされていないことにご注意ください。

中小企業のBig Advance利用料は月額3,000円(税抜)。金融機関からの平均的な会員数あたりの支払い金額は推定で月額2,695円(税抜)※ただし、推定の精度は低いと思われる

saaslife_参考:ココペリの事業系統図とARPA(会員数毎の月額利用料)

続いて、

・ココペリのARPA

について推定したものを紹介します。

こちらは、ココペリの有価証券報告書から抜粋した事業系統図ですが、ITサポートサービスの例外を除き、ココペリは

・金融機関にサービスを提供して

・月額システム利用料もしくはサービス利用料

を取得するとのことです。さらに、有価証券報告書を紐解くと、ココペリはBig Advanceの提供に際して、初期導入費用を取得しているようです。このため、ストック売上比率はほぼ100%と前回の分析で紹介していますが、確実にストック売上比率は100%未満であることが言えそうですね。こちらは、導入金融機関数が急成長している結果、料金体系が流動的で、まだ公開する時期を待っているのかもしれません。より分析の精度をあげるために、早い時点で公開されることを期待する次第です。

さて、上記の前提で、精度はもちろん下がりますが、推定の会員数あたりの売上を売上高から

・売上高 / 会員企業数 / 12(ヶ月)

で計算すると、2,695円となり、ざっくり3,000円ということがわかりました。金融機関には中小企業から3,000円(税抜)が入り、さらにそのさきで3,000円を金融機関はココペリにBig Advance利用料として費用を支払っている、と推定されます。ただ、繰り返しになりますが、初期費用なども入っており、もう少しここの金額は下がる可能性がありますので、あくまでご参考、というところに留めておいていただけますと幸いです。

saaslife_参考:まだ詳細の明らかではないココペリの初期導入費用に関する言及
BigAdvance | 株式会社ココペリ

2020年3月期の最新従業員数は29人。最新YoY伸び率は145%

saaslife_参考:ココペリの従業員数推移

最後に、ココペリの従業員数について述べます。ココペリの2020年3月期の最新従業員数は29人で、最新YoY伸び率は145%とのことです。会員数・金融機関数の急増に合わせて、人も絶賛増加中、ということですね。

最後に

今回取り上げたココペリは、金融機関の中小企業向け情報発信に特化したバーティカルSaaSを提供しており、そこの市場シェアをさらに伸ばしていくフェーズにあります。今後、初期費用や金融機関から取得しているサービス費用の詳細がわかってくるのがとても楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools

タイトルとURLをコピーしました