デザイン事業の立て直しなるか?システム・ヒト・モノを繋ぐアステリアのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_デザイン事業の立て直しなるか?システム・ヒト・モノを繋ぐアステリアのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_デザイン事業の立て直しなるか?システム・ヒト・モノを繋ぐアステリアのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

TL:DR;

  • アステリア の開示KGI(連結売上高)推移:2020年3月期末で26.7億円超え
  • 2017年にThisPlaceを子会社化して売上高が30億円超え
  • 参考:アステリア 売上高のセグメント別構成比率の推移

アステリア の開示KGI(連結売上高)推移:2020年3月期末で26.7億円超え

まずは売上から見ていきましょう。2020年3月期末で売上高は26.7億円となっています。直近YoY売上成長率は2017年から2018年にかけて、一気に192%(約2倍近くに)跳ね上がり、その後はYoY売上成長率は112%、77%と下がりました。この間、何があったのでしょうか。

saaslife_アステリア の開示KGI(連結売上高)推移

2017年にThisPlaceを子会社化して売上高が30億円超え

いきなり売上高が16億円から31億円に上がったのは、本社がロンドンにあるThis Placeを買収したことによるみたいです。買収後の売上高推移は、2018年から2019年にかけて減少し、2019年から2020年にかけてさらに大きく減少しています。第22期(2019/4/1-2020/3/31)の有価証券報告書によれば、

  • プロジェクトの遅延
  • コロナ ウイルスの影響

による減収とのことです。

参考:アステリア 売上高のセグメント別構成比率の推移

続いて、売上高のセグメント別構成比率を見てみましょう。アステリア はASTERIA Warpを中心とした月額利用料モデルの売上を保ちながら、デザインサービス(コンサルティング)も含んでいるようです。

saaslife_参考:アステリア 売上高のセグメント別構成比率の推移

次回以降、気になるKPI推移について紹介していきます!アステリア はこれまで取り上げていたソフトウェアについて、データを繋ぐ、と言うところに寄ったプロダクトを提供しており、HENNGEとはまた違うプロダクトを提供しています。とても分析が楽しみです!

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス


【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools
タイトルとURLをコピーしました