マークベニオフから届いたSalesforceのコロナ対応に関する手紙

saaslife_マーク・ベニオフから届いたSalesforceのコロナ対応に関する手紙 海外SaaS
saaslife_マーク・ベニオフから届いたSalesforceのコロナ対応に関する手紙

Salesforceを使っていたところ、このようなメールが届いた、と同じくSaaS企業に勤務する知り合いに転送してもらったので紹介する。

TL:DR;

  • 改めてSalesforceのプロダクトとしての凄さを強調
  • 期間限定のQuip(Google docsみたいなもの)の試用版を無償提供
  • 買収したTableauの有用性をコロナに絡めて強調

以下本題。

お客様への手紙(というタイトルのメールだった)

私たちは前例のない状況に直面しています。 世界的なコロナウイルスの世界的大流行は、私たちの家族、ビジネス、コミュニティ、そして私たちの生活のすべてに影響を及ぼしています。 私たちSalesforceはこの状況にどのように対応しているかをお知らせしたいと思います。

何よりもまず、私たちの心は、直接的または間接的に、ウイルスの影響を受けた人に向けられています。 私たちは、特に病気にかかった人たちのことを気にしています。私たちは心からの完全な回復を願っています。 

第二に、あなたの会社と同様にSalesforceでは、従業員、家族、コミュニティの健康と安全に重点を置いています。

世界中のすべての従業員は、自宅で仕事をすることを強く奨励されています。高度に分散した従業員と多くの従業員が通常リモートで作業しているため、この移行は比較的スムーズであり、最高レベルのパフォーマンス、可用性、セキュリティを提供し続けています。

また、可能な限りデジタルチャネルを通じて顧客と連携するようチームに依頼しています。

第三に、このパンデミックに対処している間も、Salesforceの50,000人のチームはあなたの成功にレーザーを集中したままです。すべてのビジネスは未知の領域にありますが、Salesforceはこのような瞬間を処理するように構築されており、お客様の成功に対する当社の絶え間ないコミットメントはこれまで以上に強力です。当社は、信頼、顧客の成功、革新、平等というコアバリューに基づいて設立されており、私たちの価値は揺るぎないものであり、私たちが行うすべてを導き続けています。

この間、私たちは、私たちが住み、働く地域コミュニティを支援するための慈善寄付を通じて、世界中のコミュニティを支援しています。また、当社の技術の一部をお客様、パートナー、およびコミュニティが利用できるようにしています。

Health Cloudを介して、Salesforceは、コロナウイルスの影響を受ける医療システムの有資格の緊急対応チーム、コールセンター、およびケア管理チームに無料でアクセスできるようにしています。昨年買収したTableauは、Johns Hopkins Universityが収集した症例データと、世界保健機関およびCenters for the Centersのデータを使用して、組織がコロナウイルスデータをほぼリアルタイムで表示および理解できるようにしました。従業員がオフィスを離れている間にチームが協力できるように、Quip Starterは、2020年9月30日まで、Salesforceのお客様または非営利組織が無料で利用できるようになります。

弊社の技術で他の人を支援する他の機会をご存知の場合は、xxx @ salesforce.comで私までお知らせください。

Salesforceにはあなたのためのすばらしいチームがあります。 この瞬間は、私たち全員がこれまでにない方法でつながっていることを思い出させてくれます。 Salesforceの私たち全員を代表して、私たちはあなたのパートナーであり、今後何年も何年も一緒に頑張ります。

今後も常に最新情報をお届けし、私たちはあなたのご質問、アイデア、フィードバックを常に大切にしています。

マーク・ベニオフ

Salesforce会長兼CEO

SalesforceCEOのマーク・ベニオフより届いた英語メールを日本語訳したもの

メールアドレスはぼかしている。大前提として、あなたの会社が従業員を大切にするように私たちも大切にしています、できることを自社プロダクトを生かして最大限やってます、と言うのがやっぱベニオフ先輩はすごいなと感じた。

彼の自伝はコチラ。

Salesforceの目標管理であるV2MOMなども載ってて示唆に富んでいる。

タイトルとURLをコピーしました