SaaS本

SaaS本

SaaSで大流行している「ザ・モデル」の適用限界

最近セールスフォースの提唱する「ザ・モデル」に関する話を聞く機会が増えた。端的にいうと、「新規リード→新規商談→新規受注の段階的な遷移で営業組織を考えましょう」「 この段階遷移に合わせて分業しましょう」「その際はセールスフォースを活用しましょう」「リードはセールスフォースのパードットを使ってナーチャリングしましょう」というお話。
タイトルとURLをコピーしました