海外SaaSレポート」カテゴリーアーカイブ

FY2018に売上が1000億円を超えた米国SaaS企業9社の売上推移

FY2018に売上が1000億円を超えたSaaS企業9社の売上推移(Salesforce、Adobe、Palo Alto Networks、Workday、Fortinet、Dropbox、Splunk、LogMein、Tableau)

さて、本日は2018年実績で売上が1000億円を超えた米国のSaaS企業、

  • Salesforce、Adobe、Palo Alto Networks、Workday、Fortinet、Dropbox、Splunk、LogMein、Tableau

の売上高推移とその売上高成長率の三年移動平均を紹介する。

TL;DR:

  • Salesforce/Adobeが二強
  • Salesforceは2015年にAdobe超え
  • 急激に拡大した後も高い成長率を維持し、2018年時点の三年移動平均は120-160%

Salesforce/Adobeが二強

saaslife_MarketoFY2018に売上が1000億円を超えたSaaS企業9社の売上推移(Salesforce、Adobe、Palo Alto Networks、Workday、Fortinet、Dropbox、Splunk、LogMein、Tableau)_売上高推移
saaslife_MarketoFY2018に売上が1000億円を超えたSaaS企業9社の売上推移(Salesforce、Adobe、Palo Alto Networks、Workday、Fortinet、Dropbox、Splunk、LogMein、Tableau)_売上高推移

はじめに売上高の年次推移を。

厳密にはMicrosoftとかもクラウド版Officeだったりを提供しているので入れたいところではあるが、Microsoftは売上をサブスク/プロフェッショナルサービスで公開していないので対象外とした。なお、1ドル100円換算で計算している。

また、Mircrosoftと同じくソフトウェアだけでなくオンプレサーバーの月額保守/ソフトウェアに軸足を置いているIBMやOracle、SAPは除外している。

Salesforceが1兆円、Adobeが9000億円と、2500億円以下に分布している他のSaaSに比べて大きく売上を突き放している。もちろん、これは扱っているソフトウェアの種類によって単価だったり、TAMも異なる。あくまで売上という統一指標における比較だ。

Salesforceは2015年にAdobe超え

しかし、Salesforceの伸びが著しい。

グラフ内に入っているTableauを2019年8月に買収したのも記憶に新しい。

なんと2015にはAdobeを抜き去っている。

急激に拡大した後も高い成長率を維持し、2018年時点の三年移動平均は120-160%

saaslife_MarketoFY2018に売上が1000億円を超えたSaaS企業9社の売上推移(Salesforce、Adobe、Palo Alto Networks、Workday、Fortinet、Dropbox、Splunk、LogMein、Tableau)_売上高成長率
saaslife_MarketoFY2018に売上が1000億円を超えたSaaS企業9社の売上推移(Salesforce、Adobe、Palo Alto Networks、Workday、Fortinet、Dropbox、Splunk、LogMein、Tableau)_売上高成長率

次に、三年移動平均で見た成長率を。(グラフは単年の成長率だと増減が激しいので、三年を合算して移動平均を出している)

グラフより、

  • 売上推移の最初の方は成長率が200%-300%付近を推移
  • 年数が経過するにつれて徐々に減衰する

特徴があることがわかる。前者は「とにかく早く認知を得て拡大する」という近年のSaaSの企業成長トレンドともかぶるところがあるし、T2D3(売上を最初の2年は3倍成長、後半の3年は2倍で成長)などと言われるところとも共通項があるだろう。それにしてもFY2018時点で成長率が低くても120%とか、、、SalesforceもAdobeも出来てからもう20年、あるいはそれ以上経っているのにすごいなという感じである。

最後に

intuitについて言及し忘れたけど、それはまたの機会で。

saaslife_Bessemer Venture Partners (BVP)によるSaaSの評価指標、G.R.I.T.

Bessemer Venture Partners (BVP)によるSaaSの評価指標、G.R.I.T.

今年もBessemer Venture Partners (BVP、以下ベッセマー)によるクラウドの発表があった。ベッセマーによれば、G.R.I.Tというフレームワーク(以下、ピリオドを省略してGRITと書く)でSaaSを評価できるという。GRITの構成要素は以下の通りだ。

G: Growth (YoYのARR伸び率。50-200%が標準)

R: annual net Retention(ネットの継続率。80-150%が標準)

I: In the bank(銀行にあるキャッシュが何年分ビジネスを維持できるか。1-3年が標準)

T:Targeted spend(効率。新規ARR/使用金額。0.5-1.5倍が標準)

BVPのスライド

それぞれの指標は、パーセントもしくは倍率で表すことができ、G、R、I、Tそれぞれの数値を足し上げて、

3-4 Good

4-5 Better

>6 Best

BVPのスライド

と評価する。

スライドによれば、Twilio、Service TitanはそれぞれGRITスコアが8.1、8.3で、TwilioはRが(つまり、継続率orアップセル率が)、Service TitanはT(投資対売上)が極めて高いとのことだ。

そもそも急成長中のスタートアップだと、採用計画が意欲的だったり、移転などに伴う大きな出費があるので、Iが資金調達の前後で大きくブレたり、広告の投下時期とARRに繋がる時期を切り分けてTを計算するのは煩雑な気はしなくもない。ただ、GとRは、どの程度で伸びているのかとを評価できるので、ある程度の参考になるのかもなと思った。もちろん、最低限投資対売上がどうなっているかを見ないことには片手落ちではあるけど。