入退室管理を軸にオフィスや施設における様々な空間管理の課題を解決!クラウド型入退室管理システムのアケルン(akerun)を提供するフォトシンスのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_入退室管理を軸にオフィスや施設における様々な空間管理の課題を解決!クラウド型入退室管理システムのアケルン(akerun)を提供するフォトシンスのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_入退室管理を軸にオフィスや施設における様々な空間管理の課題を解決!クラウド型入退室管理システムのアケルン(akerun)を提供するフォトシンスのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

既存のドアに後付け可能なクラウド型入退室管理システム「Akerun(アケルン)」を提供

saaslife_参考:フォトシンスのプロダクト紹介

さて、初めにフォトシンスのプロダクトについてご紹介します。2021/10/6時点の同社ホームページによれば、フォトシンスは、主要事業として、既存のドアに後付け可能なクラウド型入退室管理システム「Akerun(アケルン)」を提供しています。アケルンを使うことで、従来の物理的な鍵では行うことができなかった、

・いつ

・どこに

・誰が

入退室をしたのかが明らかになり、企業がより安全・安心なオフィスを作ることに繋げられる利点があるようです。

Akerun入退室管理システム | 株式会社フォトシンス Photosynth Inc.
株式会社Photosynth(フォトシンス)が提供する「Akerun」は最新で手軽な入退室管理システムです。

2014年9月(株)フォトシンスを設立。2015年3月家庭向けの後付けスマートロック「Akerun Smart Lock Robot」を、2016年7月法人向けのICカードで鍵が開くスマートロック「Akerun Pro」を発表し、2021年11月東証マザーズへ上場予定。

saaslife_参考:フォトシンスの沿革

続いて2021/9/30発表 第7期有価証券報告書よりフォトシンスの沿革についてご紹介します。フォトシンスの沿革によれば、フォトシンスは

・2014年9月(株)フォトシンスを設立

・2015年3月家庭向けの後付けスマートロック「Akerun Smart Lock Robot」を発表

・2016年7月法人向けのICカードで鍵が開くスマートロック「Akerun Pro」を発表

・2021年11月東証マザーズへ上場予定

とのことです。沿革によれば、主要プロダクトのスマートロック、アケルンは最初は家庭向けから始まり、その翌年に法人向けになったんですね。

2020年12月期末で11.8億円。直近YoY成長率は+51% 

saaslife_フォトシンスの開示KGI(売上高)推移

では続いてフォトシンスの売上高から見てみましょう。

2016年12月期末から2020年12月期末の5年分の売上高を見ると、YoYの売上高成長率は+51%〜+159%の水準で推移しています。

2020年12月期末のストック売上高比率は90%(公開されているサブスクリプション比率)

saaslife_計算KPI:フォトシンスの月額利用料(ストック売上)比率推移

続いて、フォトシンスの売上高の構成比率について見てみましょう。2021/9/30発表の第7期有価証券報告書によれば、フォトシンスはその売上高に占めるサブスクリプション比率を公開しています。こちらによれば、2020年12月期末のストック売上高比率は90%(公開されているサブスクリプション比率)となっていました。

さて、次回はフォトシンスのSaaSプロダクトであるアケルンがどのようなKPIになっているのか、分析していきます。アケルンはハードウェアが関連するSaaS、という点においては、直近でもご紹介したセーフィーと共通点があり、そのSaaSプロダクトの価格や社数がどうなっているかの深掘りがとても楽しみです。最後まで読んでいただきありがとうございました!

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools

タイトルとURLをコピーしました