産婦人科向けソリューションの 「ベビーパッド」シリーズを提供!ベビーカレンダーのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_ 産婦人科向けソリューションの 「ベビーパッド」シリーズを提供!ベビーカレンダーのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_ 産婦人科向けソリューションの 「ベビーパッド」シリーズを提供!ベビーカレンダーのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

ベビーカレンダーは妊娠・出産・育児の情報メディアのベビーカレンダー、産婦人科医向けソリューションのベビーパッドを提供

saaslife_参考:ベビーカレンダーのプロダクト紹介

さて、初めにベビーカレンダーのプロダクトについてご紹介します。2021/5/11時点の同社ホームページによれば、同社は、

・妊娠・出産・育児の情報メディアのベビーカレンダー、

・産婦人科医向けソリューションのベビーパッド

を提供しています。こちらの中で、産婦人科医向けソリューションのベビーパッドがSaaSの要素を持っているようですね。

1991年4月(株)ロジスティクスコンサルティングを設立。2021年3月東証マザーズ上場

saaslife_参考:ベビーカレンダーの沿革

続いて2021/2/19発表 第29期有価証券報告書よりベビーカレンダーの沿革についてご紹介します。ベビーカレンダーの沿革によれば、同社は

・1991年4月(株)ロジスティクスコンサルティングを設立

・2008年7月産婦人科向けのベッドサイドシステム「MediPac mama」(現ベビーパッドシリーズ)を開始

・2015年6月クックパッドベビーに商号変更

・2015年6月クックパッドベビーに商号変更

・2017年5月(株)ベビーカレンダーに商号変更

・2021年3月東証マザーズ上場

しています。

1991年4月の創業時は経営コンサルティングの会社として始まっている会社で、その後クックパッドの子会社になり、クックパッドから譲り受けたメディアでメディア事業を始めているところが印象的な会社ですね。

2020年12月期末で6.0億円。直近YoY成長率は123% 

saaslife_ベビーカレンダーの開示KGI(売上高)推移

では続いてベビーカレンダーの売上高から見てみましょう。

2015年12月期から2020年12月期の6年分の売上高を見ると、YoYの売上高成長率は47%〜123%の水準で推移しています。2015年12月期から2016年12月期へかけての売上が減少していますが、こちらについては詳細は有価証券報告書については記載されていませんでした。

2020年12月期末でストック売上比率は推定で31%

saaslife_推定KPI:ベビーカレンダーの月額利用料(ストック売上)比率推移

続いて、ベビーカレンダーの売上高の構成比率について見てみましょう。2021/2/19発表 第29期有価証券報告書によれば、2020年12月期末のベビーカレンダーの売上構成比率は、

・メディア事業売上高:69%

・産婦人科向け事業売上高:31%

となっていました。産婦人科医向け事業売上高のうち、ストック売上高とフロー売上高の境界は開示されていないため不明です。従って、ここではストック売上高の比率は最大で31%という推定を行なっています。

さて、次回はベビーカレンダーのSaaSプロダクトがどのようなKPIになっているのか、分析していきます。経営コンサルティング事業から初めて、クックパッドの子会社になり、その後メディア事業を譲り受けたベビーカレンダーのSaaS KPIはとても特徴がありそうです。産婦人科向け、というのも業界を絞っているところが特徴的なのでとても分析のしがいがありそうです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました