「顧客企業と人々をつなぐ」BtoBのビジネスを展開!アライドアーキテクツのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

saaslife_「顧客企業と人々をつなぐ」BtoBのビジネスを展開!アライドアーキテクツのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2) 国内SaaS
saaslife_「顧客企業と人々をつなぐ」BtoBのビジネスを展開!アライドアーキテクツのKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

2020年12月期末時点計算MRRは少なくとも0.6億円。なお、MRR はCREADITS売上高を12ヶ月で割り算して計算。

saaslife_推定KPI:アライドアーキテクツの推定期末時点MRR推移

はじめに、アライドアーキテクツのMRRについて述べます。なお、アライドアーキテクツはそのMRR/ARRを数字では公開していません。このため、公開されているCREADITS(海外SaaS事業)売上高を12ヶ月で割り算をして求めています。

2020年12月期末時点計算SaaS関連売上高によるMRRは推定で1.6億円

saaslife_参考:より精度の高そうなMRRは1.6億円

先ほど、海外SaaS事業であるCREADITSによるMRRをご紹介しました。アライドアーキテクツは国内でもSaaSサービスを展開しています。したがって、正味MRRを求めるためには国内SaaS事業の売上高も含める必要があります。こちらは、前回ご紹介した粗利率によるSaaS事業(国内+海外)の金額の求め方になります。改めて、

MRR = (CREADITS粗利率を元に逆算したSaaS事業売上(国内SaaS事業売上)) + CREADITS売上(海外SaaS事業売上)) / 12ヶ月

にてMRRを計算すると、MRRは1.6億円となります。

料金が公開されているmoniplaは1キャンペーンあたり80万円〜

参考:アライドアーキテクツのプロダクトと料金(1/2)

こちらは2021/2/10発表の2020年第4四半期決算決算補足説明資料より抜粋したアライドアーキテクツのサービス一覧です。こちらに紹介されているLetro、LetroStudio、echoes、moniplaの中で、唯一moniplaのみが2021年4月10日時点でホームページにて料金が紹介されていました。moniplaに関してで言えば、1キャンペーンあたり80万円〜とのことです。アライドアーキテクツのSaaSサービスは、基本的に広告キャンペーンと連動したものが多いので、その流入量だったり、適応対象とする媒体、キャンペーン頻度によって、課金する方法は何通りか存在していそうです。おそらく顧客の規模や要望によって、臨機応変に対応できるようにこのような非公開方式となっているのでしょうか。個人としては、詳細に料金を公開してほしいなとは感じますが、提供先の特徴により料金形態にも特徴が現れて実に面白いですね。

monipla

モニプラ Promotion | Webキャンペーンをお考えの企業様へ
モニプラ Promotionは、SNS(Facebook、twitter、Instagram等)を使ったWebキャンペーンを手軽に実施できるサービス。ターゲットと目的に沿ったキャンペーンを多彩な機能で実現し、煩雑な事務局対応までをワンストップでご支援いたします。

letro

料金・プラン|Letro(レトロ) - ダイレクトマーケティングに強いUGC活用ツール
ダイレクトマーケティングに強いUGC活用ツール「Letro(レトロ)」の料金体系・プラン、および料金に関してよくある質問をご紹介しています。

letrostudio

動画制作ツールの決定版│LetroStudio(レトロスタジオ)
LetroStudioは「未経験でも制作が簡単」「編集しやすい」と思う動画制作ツールNo.1に選ばれた、誰でも簡単に15分で作れるクラウド動画制作ツールです。直感的で柔軟な編集機能と、成果向上に特化したテンプレートで、企業の動画制作を支援します。

echoes

料金・プラン|echoes - インスタントウィンのTwitterキャンペーンツール
echoesでは、お客様のご状況・ご予算にあわせて最適なTwitterキャンペーン実施プランをお選びいただけます。月額固定の費用でキャンペーン回数無制限のプラン、キャンペーン回数に応じてのご契約で実施したいキャンペーンに合わせたカスタマイズができるプランがあります。

公開されている顧客企業数は2020年12月期末時点で758社。ARPAは6.4万円/月

saaslife_参考:アライドアーキテクツのプロダクトと料金(2/2)

続いて、こちらは2021/2/10発表の2020年第4四半期決算決算補足説明資料より抜粋したアライドアーキテクツのSaaSサービスの顧客数と平均単価を抜粋したものです。資料によれば、

公開されている顧客企業数は758社で、ARPAは6.4万円/月とのことです。他のSaaSと比べても比較的低単価な部類に入る、と言えるでしょうか。また、本日の投稿でご紹介したmoniplaは80万〜利用可能、ということでしたが、こちらの単位は月額だとこれらの平均単価を押し上げてしまうのでおそらく、通年であると推測されますね。加えて、顧客企業数が758社いながら、77万円の平均顧客単価のため、単純な掛け算により、これら4サービスの売上高は5.8億円ということがわかります。ざっくり推定の試算で海外SaaSと合わせて10億円程度の売上高だと想定していたので、私の試算も大きくは外れていなさそうですね。

2020年12月期の最新従業員数は194人。最新YoY伸び率は87%

saaslife_参考:アライドアーキテクツの従業員数推移

最後に、アライドアーキテクツの従業員数について述べます。2020年12月期の最新従業員数は194人で最新YoY伸び率は87%とのことです。直近の2019年12月期末から2020年12月期末にかけて、従業員数が目立って減少していますね。

最後に

今回取り上げたアライドアーキテクツは、デジタルマーケティング、という軸で複数のSaaSプロダクトを持つ会社です。今後もなくならないであろう一方で、流行り廃りの激しめなソーシャルメディアなどの上で、どのようにSaaSの事業数字が変わっていくのかとても楽しみです。SaaSって本当に奥が深いですね。最後まで読んでいただきありがとうございました!

最後にSaaSを理解するための本のご紹介と宣伝

SaaSの本質であるリード生成、商談獲得、商談受注までのプロセスを表す一連の流れを指し、Salesforce、Marketoで勤務した経験を持つ福田氏による名著です。基本的なSaaSオペレーションの諸概念について、簡単な言葉で表現してくれており、SaaSの全体観を掴むのに適しています(なお、SaaS全体のおすすめ本はこちらにまとめています)。

ちなみに2021年以降にIPOしたSaaS関連各社の四半期単位の各社については、本サイトをまとめた書籍を執筆しています。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)当該期間にIPOした新規上場SaaSの分類として、

  • ホリゾンタル・バーティカルSaaS
  • エンタープライズとSMBSaaS

などの分類とまた、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は以下よりご覧ください。なお、リンクのクリックで個社の過去記事をご覧いただくこともできます。

時期表紙取扱SaaSとそのリンク(上場日付順)
FY2022Q1 エッジテクノロジー
カジー
マーキュリーリアルテックイノベーター
ビーウィズ
FY2021Q4シンク
フォトシンス
GRCS
サイエンスアーツ
ラストワンマイル
スローガン
ボードルア
フレクト
ネットプロテクションズ
トゥルーデータ
ブロードエンタープライズ
JDSC
ヒュウガプライマリケア
グローバルセキュリティエキスパート
ラバブルマーケティンググループ
サインド
網屋
ザクー
フィナテキストホールディングス
エクサウィザーズ
ハイブリッドテクノロジーズ
エフ・コード
CS-C
ニフティライフスタイル
セキュア
FY2021Q3ラキール
フューチャーリンクネットワーク
モビルス
ユミルリンク
ロボットペイメント
セーフィー
FY2021Q2ビジョナル
ペイロール
プラスアルファ・コンサルティング
サイバートラスト
ファブリカコミュニケーションズ
ネオマーケティング
FY2021Q1ワカル
ウイングアーク1st
ベビーカレンダー
スパイダープラス
エイピアー
出版履歴

タイトルとURLをコピーしました