セールスのコンタクト情報を常に最新に保つためのSaaS!Zoominfo(ズームインフォ)のKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

saaslife_ セールスのコンタクト情報を常に最新に保つためのSaaS!Zoominfo(ズームインフォ)のKGI/KPI推移を調べてみた(2/2) 米国SaaS
saaslife_ セールスのコンタクト情報を常に最新に保つためのSaaS!Zoominfo(ズームインフォ)のKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

計算KPI:ズームインフォの期末時点MRRは24.4億円

saaslife_計算KPI:ズームインフォの期末時点MRR推移(1USD=100円換算)

はじめに、ズームインフォのMRRについて述べます。なお、今回は、「計算」MRRとしています。この背景には、ズームインフォはその売上高の内訳(フロー売上、ストック売上など)を詳細には公開していないためです。前回の分析で、ズームインフォの売上の内、リカーリング(月額課金)の割合はほぼ100%(Form S-1によれば99%がリカーリングとのことでした)であるはず、と紹介しました。このため、今回の推定MRRは単純に売上高を12(ヶ月)で割り算して求めることをしています。

公開KPI:地域別でズームインフォの売上が最も大きい地域はアメリカ合衆国で全体の9割を占める

saaslife_公開KPI:ズームインフォ売上の地域別推移

こちらはズームインフォの地域別売上構成比率です。公開情報ベースでは、大きく2地域に売上の立つエリアを分類しており、United States(アメリカ合衆国)とRest of World(その他)と対応しています。

最も成長率が高いのは米国以外。しかし米国も昨年同時期比200%近くの売上成長率を記録

saaslife_公開KPI:ズームインフォ売上の地域別伸び率

次に地域別の売上高伸び率を紹介します。全体を通した売上の成長率は2018年12月から2019年12月にかけて、前年同期比203%となっており、地域別に見ると最も成長率が高いのはアメリカ以外で、昨年同時期比276%ということです。最も成長率が高いのは米国以外ですが、米国も昨年同時期比200%近くの売上成長率を記録しており、かなり大きな成長率で伸びていることがわかりますね。

ズームインフォの料金体系は、月額費用非開示の問い合わせ型

saaslife_参考:ズームインフォの料金体系

では初めにズームインフォ料金体系の月額プランについてご紹介します。同社ホームページによれば、費用を知るためには問い合わせが必要とのことで、詳細の費用は不明でした。

ズームインフォの2020年3月時点でのユーザー数は約1.5万人。2019年12月期末の売上高をこの人数で割り算すると、約16万円/月

saaslife_推定KPI:ズームインフォのユーザー数、ARPU

続いて、ズームインフォのユーザー数、ユーザー数ベースのARPU(Average Revenue Per User:ユーザーあたりの単価)を紹介します。ズームインフォのForm S-1によれば、ズームインフォのユーザー数は2020年3月時点で約1.5万人いる、とのことです。2019年12月期末の売上高をこの人数で割り算すると、ARPUは約16万円/月と計算できます。同時に、ACV(年間の契約額)が10万USD(=1,000万円)を超える顧客が630顧客以上いるとのことで、仮に単価16万円だとすると、1社数あたり約5人のユーザーを抱えて使っている顧客がいるということが言えそうですね。この辺りの細かい数字は今後さらに開示されていくことを期待します!

ズームインフォの従業員数は2021年2月時点で1,300人、最新のYoY伸び率は不明

saaslife_参考:ズームインフォの従業員数推移

最後に、ズームインフォの従業員数について述べます。linkedinによれば、2020年2月期で従業員数は1,300人とのことです。ズームインフォはとても大きな成長率を保っており、ここから数年かけてさらに人を採用していくはずなので、今後どのように伸びていくかが楽しみですね。

最後に

CRMと一緒に使うことでさらにCRMの効果を発揮するためのSaaS、ズームインフォについて調べました。今回ご紹介した決算期は2019年12月末時点情報なので、2月22日に行われた2020年12月期の決算発表情報を含めていません。今後、最新の決算発表に合わせて、どこまでこれらの数字が変わるのかを追いかけたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

https://www.linkedin.com/company/zoominfo

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス

【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools

タイトルとURLをコピーしました