あらゆる書類をすぐにデータ化!手書きOCRSaaS、AI inside のKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_あらゆる書類をすぐにデータ化!手書きOCRSaaS、AI inside のKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_あらゆる書類をすぐにデータ化!手書きOCRSaaS、AI inside のKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

TL:DR;

  • AI insideは創業以来一貫してAIを使った文字認識ツールを提供
  • AI inside の開示KGI(売上高)推移:2019年6月期末で売上高は13.3億円超え
  • 直近クラウドサービス(リカーリング)比率は47.2%

AI insideは創業以来一貫してAIを使った文字認識ツールを提供

はじめに沿革を有価証券報告書から見てみましょう。有価証券報告書によれば、AI insideは

  • 2015年8月「AI inside」設立
  • 2019年12月マザーズ市場上場

という歴史があるそうです。創業以来、一貫してAIかける手書き認識という領域に取り組んできた会社のようですね。これまでに紹介してきたSaaSで言うと、Sansanがもう少し領域を絞ったところとして近しいとみなせるのでしょうか。

saaslife_参考:AI inside の沿革
saaslife_参考:AI inside の沿革

AI inside の開示KGI(売上高)推移:2019年6月期末で売上高は13.3億円超え

それではまず売上高から見ていきましょう。直近5年の売上高の推移を見ると、159%〜672%まの範囲で推移しており、凄まじい成長率だと言うことがわかります。ここまで売上が急増した要因は、有価証券報告書によれば、

  • Intelligent OCR:契約件数が185->1,873件へ増加
  • Elastic Sorter:契約件数が102->418件へ増加

と言う形で利用社数が一気に増えたと言うことが要因のようです。

saaslife_AI inside の開示KGI(売上高)推移
saaslife_AI inside の開示KGI(売上高)推移

直近クラウドサービス(リカーリング)比率は47.2%

続いて、売上高のセグメント別構成比率を見てみましょう。AI insideのサービス区分は2つの収益区分に分かれており、それぞれ

  • セリング:特定の取引毎に発生(いわゆるショット)
  • リカーリング:継続的に計上(いわゆるMRR/ARR)

となっています。さっと有価証券報告書を見た限り、セリングは初期費用で発生しているようですね。

saaslife_参考:AI inside 売上高のサービス別構成比率の推移
saaslife_参考:AI inside 売上高のサービス別構成比率の推移

次回以降、気になるKPI推移について紹介していきます!AI insideはこれまでSaaSlifeで取り上げてきたSaaS会社の中でも、直近で最も激しい売上高成長を見せながら「AI」というキーワードを持っているSaaSであり、これまでとはまた違う特徴を持っているはずだと思っています。とても分析が楽しみです!

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス


【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools
タイトルとURLをコピーしました