宿泊予約サイトを一元管理!サイトコントローラーSaaS手間いらず のKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

saaslife_宿泊予約サイトを一元管理!サイトコントローラーSaaS手間いらず のKGI/KPI推移を調べてみた(2/2) 国内SaaS
saaslife_宿泊予約サイトを一元管理!サイトコントローラーSaaS手間いらず のKGI/KPI推移を調べてみた(2/2)

TL:DR;

  • 開示KPI:手間いらずの期末時点ストック比率は上がり続け、ほぼ100%近くがストック売上に到達
  • 推定KPI:手間いらずの期末時点推定MRRは2019年6月期末時点で1.1億円超え
  • 推定KPI:手間いらずの2020年6月の推定導入件数は約4,000件
  • 推定KPI:手間いらずの2013年7月時点ARPAは約5,000円〜
  • 手間いらずの従業員数は40人未満、最新のYoY伸び率97%近い水準

開示KPI:手間いらずの期末時点ストック比率は上がり続け、ほぼ100%近くがストック売上に到達

では手間いらずの期末時点ストック(月額課金)比率を見てみましょう。手間いらずは2015年6月にガタッとストック比率が下がりましたが、それ以降2016年から2019年の期末にかけて、じわじわとストック比率を上げ続けました。その結果、2019年6月期末にはストック比率は97.7%まで増加しました。(なお、ストック売上は手間いらずの2事業セグメントである

  • アプリケーションサービス事業(手間いらずを提供)
  • インターネットメディア事業(比較.comを提供)

の内の前者をストック売上としています。)比較.comからの割合は下がっており、会社としてもこちらよりもアプリケーションいらずの手間いらずに注力していることが見て取れますね。

saaslife_開示KPI:手間いらずの期末時点売上構成比率

推定KPI:手間いらずの期末時点推定MRRは2019年6月期末時点で1.1億円超え

次に、手間いらずの推定MRRについて述べます。なお、こちらは

  • アプリケーション事業売上 / 12(ヶ月)

により算出しています。

saaslife_推定KPI:手間いらずの期末時点MRR推移

推定KPI:手間いらずの2020年6月の推定導入件数は約4,000件

次は手間いらずの導入件数です。こちらは有価証券報告書にも、決算説明資料にも特に情報がなかったので、web archiveより情報を取得してきました。web archiveの情報によれば、

  • 平成22年(2020年)5月時点で1,900件
  • 平成22年(2020年)10月時点で2,000件

を突破しているというバナーがありました。単純計算すると半年で100件、1年で200件が増加しているとみなすと2020年6月時点では約4,000件近い件数がありそうだと言うことができそうですね。

saaslife_推定KPI:手間いらずの2020年6月の推定導入件数は約4,000件

推定KPI:手間いらずの2013年7月時点ARPAは約5,000円〜

続いて、手間いらずのARPAについてわかったことを述べます。手間いらずのARPAについては、導入件数と同様に有価証券報告書、期末決算説明会資料でも開示がありませんでした。同様にweb archiveにて調べたところ、2013年7月時点のARPA(Average Revenue Per Account:平均顧客単価)は約5,000円と言うことがわかりました。すでに7年経っているので、おそらくもっと価格は上がっていそうな気はします(コロナが広がる前はオリンピックによるインバウンド需要もありましたし、ここはコロナ前は値上げをしやすい領域だったのではないでしょうか。)

saaslife_推定KPI:手間いらずの2013年7月時点ARPAは約5,000円〜

手間いらずの従業員数は40人未満、最新のYoY伸び率97%近い水準

最後に、手間いらずの従業員数についてです。2019年6月期で従業員数は35名でした。この人数で東証一部上場企業、と言うのが人数が増えがちなSaaS企業の中でも低く抑えられているところがすごいですね。

最後に

宿泊予約コントローラーの手間いらずについてご紹介しました。見ていただいた通り、推定アカウント数は数千、推定ARPAは数千〜1万円が1000近くですが、最初はアフィリエイトが事業の中心で始まっており、これまでに取り上げてきたSaaSとはまた特徴の違うSaaSだなと感じました。SaaSって、本当にいいものですね!最後まで読んでいただきありがとうございました。

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!


W3Schools
タイトルとURLをコピーしました