特徴的なロゴを持ちながらクラウドソリューション事業比率は55%超え!オロのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_特徴的なロゴを持ちながらクラウドソリューション事業比率55%超え!オロのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_特徴的なロゴを持ちながらクラウドソリューション事業比率55%超え!オロのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

TL:DR;

  • オロはクラウドソリューションとデジタルトランスフォーメーション事業からなる
  • 前者はクラウドERP「ZAC」「Reforma PSA」の開発・提供、後者はデジタル戦略の立案・デジタル化支援・クリエィティブ提供 を実施
  • クラウドソリューション事業の比率は全体の55%程度で、推定値では約4割がSaaSによる売上となる(推定で全売上の約20%がSaaS事業)

さて、本日は日本のSaaS企業の中ではロゴが特徴的な会社、「株式会社オロ」のKGP/KPI推移についてご紹介します。このロゴ、かわいくないですか?割と文字ベースのロゴが多い日本のSaas界隈ですが、個人的には一番ノートパソコンに貼りたいロゴだと感じています。では、続いてビジネスの概要に入りましょう。

そもそも、オロはどのようなサービスを提供している会社なのか?

最新(2020/6/21)時点の会社概要によれば、オロは

“Technology × Creative”をスローガンにテクノロジー・オリエンテッド・カンパニーとして、最先端の技術分野に挑戦し続け、企業のトップマネジメントが抱える課題に対して、企業価値を最大に高めるソリューションを提供

https://www.oro.com/ja/

しているとのことです。

事業としては、クラウドソリューション/デジタルトランスフォーメーション事業の2事業から構成されています。

有価証券報告書によれば、これらの事業部はそれぞれ

  • クラウドソリューション事業:クラウドERP「ZAC」「Reforma PSA」の開発・提供
  • デジタルトランスフォーメーション事業:デジタル戦略立案、デジタル化支援、クリエイティブ提供

とのことです。

前者のクラウドソリューション事業が業務支援・プロジェクト管理SaaS、後者のデジタルトランスフォーメーションが広告関連事業という感じでしょうか。

海外のサービスと対応させて考えるとプロジェクト管理SaaSについてはConfluenceやJIRAを提供しているAtlassianと似たサービスになりそうですね。ただ、これらはマニアックなtoB向けサービスなので、なかなかイメージがしづらいところではあります。ERPであるZACと関連すると、一部サービスについては給与計算関連のソフトも類似サービスの提供企業として入ってきそうですね。では有価証券報告書から各数値を読み取っていきましょう。

オロの開示KGI(連結売上高)推移

まずは売上から。2019年12月期末で売上高は50億円を超えています。直近のYoY売上成長率は110%以上となっており、堅調に伸びています。これもSaaSの特徴ですよね。

saaslife_オロの開示KGI(連結売上高)推移

参考:オロ売上高の事業別構成比率の推移

Saaslife_参考:オロ売上高の事業別構成比率の推移

続いて、売上高の事業別構成比率を見てみましょう。冒頭でも触れた通り、オロの事業セグメントは

  • クラウドソリューション事業
  • デジタルトランスフォーメーション事業

の2つから構成されています。

Saaslife_参考:オロクラウドソリューション事業の構成

このうち、いわゆるSaaSと呼ばれる要素が入っているのはクラウドソリューション事業のところで、内訳は

  • 新規顧客
  • 既存顧客スポット
  • 既存顧客ストック

の3つからなります。

それぞれ、以下のようになっています。

  • 新規顧客:初期契約時のライセンス、導入支援業務に伴う追加開発
  • 既存顧客スポット:機能能囲、人数変更
  • 既存顧客ストック:システム保守売上、クラウド環境売上(いわゆるSaaS部分)

最新の四半期報告書をみる限り、ざっくりと4割程度がストック(いわゆるSaaS部分)の売上なんですね。

これらを掛け合わせると、

  • SaaS関連サービスの売上比率 = クラウドソリューションの売上比率 x 内既存顧客のストック売上比率

となるので、ざっくり20%がクラウドの売上ということになります。直近数年では、クラウドソリューション比率じわじわと伸びていっているので、まだまだSaaS関連のサービスの比率は伸びていきそうだなと感じました。

では次回は気になるKPI推移について紹介します!

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!


W3Schools
タイトルとURLをコピーしました