売上のクラウド比率は75%超え!経営理念は「超高齢社会における地域包括ケアをクラウドで支える」!カナミックネットワークのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

saaslife_売上のクラウド比率は75%超え!経営理念は「超高齢社会における地域包括ケアをクラウドで支える」!カナミックネットワークのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2) 国内SaaS
saaslife_売上のクラウド比率は75%超え!経営理念は「超高齢社会における地域包括ケアをクラウドで支える」!カナミックネットワークのKGI/KPI推移を調べてみた(1/2)

TL:DR;

  • カナミックネットワークはどのようなサービスを提供している会社なのか?
  • 110%付近の対前年売上高成長率を維持しながら成長中
  • 提供するクラウドサービス、カナミッククラウドの売上比率は2019年9月時点で売上の約90%に到達

カナミックネットワークはどのようなサービスを提供している会社なのか?

これまで紹介したSansanと比べて、テレビCMなどは放送されていないカナミックネットワーク 。一体どのようなサービスを提供しているのでしょうか。

同社の有価証券報告書によれば、カナミックネットワークは医療/介護/健康情報をリアルタイムに情報共有/コミュニケーション/利活用できるプラットフォームを提供しているとのことです。この背景にあるところには、日本の高齢化が進み、介護が必要な人口が増えている一方で、介護に従事できるケアマネージャーや事業者の数は人材不足に悩まされており、そこを繋ぐプラットフォームということですね。

有価証券報告書ベースでは、特に海外市場については言及はありませんでした。市場が日本でもかなりの需要はありそうな中、今後海外で人口サイクルが日本と似たフェーズに入ってくる国でも同様の問題が発生するはずなので、ニーズは大きそうだなという印象を受けました。さらに、医療/介護の現場としてはそこまで大掛かりなシステム投資をすることは簡単にはできないはずなので、安価なSaaSを組み合わせて使うことで業務効率改善にもつながるのではないでしょうか。

110%付近の対前年売上高成長率を維持しながら成長中

saaslife_カナミックネットワークのKGI(売上)推移

さて、次は気になる売上高の推移です。直近5年分の売上高推移によれば、カナミックネットワークは対前年成長率は110%付近を保ちながら成長しています。2019年9月期では売上高も15億円を突破したんですね。

提供するクラウドサービス、カナミッククラウドの売上比率は2019年9月時点で売上の約90%に到達

saaslife_参考:カナミックネットワーク売上構成比率の推移

気になる売上におけるクラウドサービス比率については、2015年9月末時点ですでに80%を超えており、2019年9月末時点で90%近い水準まで到達しています。クラウドサービス以外のところについてですが

  • コンテンツ:医療/介護関連商品の広告サービス
  • その他:大口顧客向けカスタマイズなど

をしているとのことです。

まずKGIの概要が掴めたところで次回は詳しいKPIについて紹介します。これまで紹介してきたHENNGE、Sansanとは事業内容も全く異なり、SaaS関係のKPI(解約率)などはほとんど開示されていないですが、結構いろいろなことがわかりました。一口にSaaSと言っても、そのプロダクトによって各指標が大きく変わってくることを知ることができて本当にワクワクしてます。いやあ!SaaSって、本当にいいもんですね。

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス


【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools
タイトルとURLをコピーしました