社員皆経営者」な意識を私が持つ為に有効だった先輩の質問

saaslife_社員皆経営者」な意識を私が持つ為に有効だった先輩の質問 ポエム
saaslife_社員皆経営者」な意識を私が持つ為に有効だった先輩の質問

たまには趣向を変えてお送りします。

特にある読者を想定している訳では無いが、強いて言うならあの頃の自分に向けたポエムということで。

なお、このアイキャッチ画像のダンディな紳士が誰かわからない人は、知り合いのSaaS企業勤務の人にこの投稿のリンクをシェアして誰なのか聞いてみたください。すごい人です。逆にその人が答えられなかったらその人はただの雰囲気でSaaS最高と言ってるただのワナビー野郎なので今後SaaS文脈においては連絡しないほうがいいと思います。

本題に入ろう。

よく「社員皆経営者」という話を耳にする。簡単にいうと、「経営者の目線を持って働きましょう」ということだ。

前職、広告会社で働いていた際私は正直言ってプライドばかり高いが仕事のできない、いわゆるお荷物社員だった。具体的にどうお荷物だったかというと、

  • 会社の文句はがっつり言う、態度も悪い
  • 先輩の言うことを聞かない
  • の割に的外れなことばかり言う

と言う、どうしようも無い社員だった。

これで、「仕事だけはこなせる」のであればまだマシだったんだが、仕事もろくにこなせていなかったと客観的に当時を振り返って思う。仕事において当事者意識なんてものはかけらもなかった。よくクビにならなかったな・・

当時は、

  • 俺は会社を辞めるぞジョジョーッ!!

という、「入社1-3年以内で仕事を辞めてノマド的な動きをしたりする人たち」をよそ目に、なんか違うんじゃ無いかと感じながら、でも自分も仕事を辞める選択はできなかった。無一文になりたくもなかったが、リーマンショック直後の2009-2012年ごろは今と違って猫も杓子もスタートアップ、経験不要のやる気採用という感じではなかったのである。

ということで、ズルズル仕事を続けていたわけなんだが、ある日レッドブルを買いに行った自販機で先輩に呼び止められた。

「SL君、君の担当している事業はいくら会社において売り上げているか答えられるかい?」

引用元:名もなき前職の先輩

正直答えることができなかった。先輩は続けた。

「そのくらいも知らないのに自分の仕事に対して文句を言ってるとか話にならないよね。せいぜい悲劇の主人公を気取ってなさい」

引用元:名もなき前職の先輩

悔しかった。ので、手元の情報を集めて、まずは先輩の質問に対して答えられるようにしてみた。

すると、

  • なぜあの先輩は「仕事できる」風な空気を出しているのか
  • なぜあの事業部は花形扱いされているのか

が一段違う視座で見えてきた。売上高が大きいからあそこの事業部は持ち上げられているのか、と。

この頃から、営業部の人たちとゴルフを始めた。

もちろん、売上を上げている所の営業部の人たちとだ。この頃、社内で働く仕事をしていたので、完全に「この人たちと仲良くしておけば自分の仕事が楽になるな」という下心と、「一体普段どういうことを考えているんだろう」「会社の決定に対して、どう解釈しているんだろう」ということに尋常ならざる興味を持っていた。中にはとにかく長期間売上目標を達成し続けている化け物もいたし、この人たちの考え方を理解することで自分も仕事ができるんじゃないか、と当時は思っていた。

このように異なる部署の営業の人たちとの関係性の中から、

  • 自分の仕事をボトムアップで理解し、
  • 会社においてどういう位置付けに今自分がいて、振る舞うのか

をまるで将棋のコマとして日々振舞いながら、盤面について考えるような感覚を持ったことがある日あった。

あの瞬間から、少しだけ私に社員皆経営者主義の片鱗が生まれたような気がする。もちろん、スタートアップで働いていると、株式やSOの話・比率は人によって大幅に異なるので、経営者が「経営に絡む視座で物事を考えよう」と言ったとしても

はいはいポジショントーク乙(成功したら恩恵を受けるのは自分だから言ってるんでしょ)

よくある社員皆経営者主義や当事者意識に対する反論

と捉えることはできるが、「その状況でさらに貢献するか・退職するかを含めて、どう最善に振る舞うか」はあなたに委ねられており、「自分の使える資源(主に時間)」をどう過ごすかは、将来に天と地ほどの差を作り出す。誰もが平等ではないが、わかりやすい事実だ。そして最後は自分がどうするかを決められる。

今思えば、あの日の瞬間はすごく嫌だったが、先輩には感謝しないといけないと思う。

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!


W3Schools
タイトルとURLをコピーしました