SaaSにおける最強の受注管理ツール、Salesforce

saaslife_SaaSにおける最強の受注管理ツール、Salesforce SaaSの基礎知識
saaslife_SaaSにおける最強の受注管理ツール、Salesforce

Salesforce(セールスフォース、と読む)の決算が絶好調だ。2019年3月4日発表のIRによれば、2019年(会計年度)の決算にて

売上は132.8億ドル(=1ドル100円換算で約1.3兆円)、作対伸び率は26%

Salesforce IR

とのことだ。

セグメントの売上は

サブスクリプションとサポート費(*1)が124.1億ドル(=1ドル100円換算で約1.2兆円)

プロフェッショナルサービス(*2)が8.6億ドル(=1ドル100円換算で約860億円)

(*1) 収益が安定する月額課金SaaSパート

(*2) 収益が不安定な単発課金パート

Salesforce IR

とのこと。

実にサブスクリプションが売上の92%を占める化け物企業だ。しかも、月額課金が前提のSaaSモデルだから、翌年の売上も堅い。SaaSのスタートアップにいるので、当然のごとく日々の業務でSalesforceを使う。それは、もう好むと好まざるを得ず。

実は、Salesforceという商品自体は、SaaS企業向けにデザインされていなくて、どちらかというと単発で売上が発生する、ショット向け商品を売る企業のためにデザインされているな、と現場では感じる。それがゆえに各社涙ぐましい努力をして、Salesforceを独自にカスタマイズし、自社の受注情報を握られ、他の絶妙な代替手段がないため乗り換えることができず、「仕方なく」使っているのが実情だと思う。

それがゆえに、例えばSaaSスタートアップの現場メンバー同士で情報交換をすると、「Salesforceでこれってどうやっている?うちはこう魔改造してるよ」的な話で盛り上がって、いい刺激を受けあっているらしい。

こういうところもふくめて、やっぱりSalesforceって偉大だし、SaaSスタートアップの経営に携わる身としては、自社をこういうように大きくしていきたいなあと思いながら、今日も会社を後にするのだった。

ちなみにSaaS関連の考え方全般については、元SalesforceでMarketoの福田さんが書いた「ザ・モデル」が詳しいです。(画像クリックでamazonの新しいタブが開きます。)また、その他関連SaaS書籍をまとめておきましたので、興味のある方は青いバナーをクリックして見てみてください!

THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス


【最大70%OFF】Kindle本キャンペーン
W3Schools
タイトルとURLをコピーしました